シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

ゲージの回復を最優先で

先週の時点である程度は予想していましたが、
きなこは今週1日も学校に行けませんでした。
唯一本人が「楽しいから行く」と宣言していた
図工の授業も、その時間だけ出て帰るなら
という条件で行く話に前日までなっていたのが
当日の朝になって「やっぱり勇気が出ない」
ということで無しになり、そのまま。

こちらもそういうつもりで構えていたので
先週のような修羅場もなく粛々と対応し、
かろうじて金曜日には授業が終わった時間帯に
連れ立って教室と相談室に顔を出せたし
もう十分かなと思っています。

恐らく、いくらハードルを下げたところで
「じゃあ行く」となるような状態では
もはやないのだろうと思います。
きっと本人の中では、頑張るために必要な
エネルギーのゲージがゼロになっていて、
たとえ1でも2でもそのエネルギーを消費する
必要があることには、チャレンジができない
ということなのだろうと。

そのことに気づくきっかけになったのが、
月曜からお風呂に入れなくなっていたこと。
もともと極度のお風呂嫌いなタイプで
今までも何度となく衝突してきたことですが、
今回はちょっと毛色が違いました。
毎日、お風呂の時間を過ぎても入るかどうかの
結論が出せず、ずーっとグダグダしたまま
時間だけが過ぎてしまって結局清拭だけをして
済ますことがもう3日間続いていました。
4日目、前の日に「いろいろ言われると
焦って決められない」と言われていたので
この日は「ゆっくり考えな」とだけ声掛けして
あとはただただ待つようにしていたら、
しばらくしてついに自分から入れて、でも
その場で泣き出してしまったのです。

それほど勇気が必要なことだった、というか
エネルギーが足りなくなっていたんだな
ということにその時ようやく気づきました。
きっと学校に行くこととお風呂に入ることに
必要なエネルギーのゲージは、本人にとっとは
共通のもので、それを学校で頑張るために
使い果たしてしまったから学校にも行けないし
お風呂にも入れなくなっていたのだろうと。

考えてみれば、学校に行けないとなった日に
じゃあせめて家のことをちゃんとやろうねと
幾度となく声掛けしてきたことは、
本人を追いつめるだけで完全に逆効果に
なってしまっていたのだろうと思います。
本当に恥ずかしながら、ここまで来てようやく
本人の心の状態を少し把握できた気がします。
低空飛行で飛ばせ続けるのではなく、
完全に停止してとにかくゲージの回復を待つ。
そういう意識に切り替えなければいけなかった
のだろうなと思います。

回復に必要な時間ややり方はわかりませんが、
ひとまず本人の「やりたい」という気持ちを
尊重して、それを邪魔しないようなサポートが
できればよいのかな、と考えています。
今の自分達の状況でどこまで対応できるか
というと微妙ですが…

ここ2週間ぐらい、本人には非常に申し訳ない
対応を取ってしまいました。
少なくとも自分の中で方向性が見えたので、
どうしたらいいかわからないという迷いで
グルグルすることはなくなっていきそうです。

f:id:temackee:20180617215612j:plain:w240
↑今日は粘土で遊びました。
2人の合作、アンクルグランパ。

過去最大のギリギリ

今週、ついにきなこは1日しか学校に
行けませんでした。
もうそろそろ「行けないこと」を前提にした
対応を、取っていく必要があるのだろうと
思っています。
と、今でこそ冷静にそんなことを書いてますが
正直この一週間はこれまでの子育て経験で
最大というくらいのつらい一週間でした。
この毎日どっちに転ぶかわからない感じと、
その時にどういう対応を取ったらいいのかが
わからない感じが本当にしんどくて、
きなこを追いつめるような言い方も
してしまったし、今までたくさん考えて
実践してきたつもりのことが何一つ
役に立たない無力感のようなものに
押しつぶされそうになって、
内心泣きながら毎日過ごしていました。

「休んでいいよ」と言ってしまうのは簡単。
でもそうすると妻に子ども2人の相手を
毎日任せることになってしまう。
ただでさえあんこはイヤイヤの絶頂かつ
ますます発達の偏りが濃厚になってきて
むちゃくちゃ手がかかる状態。
そこへ持ってきて、休んでいることで
本来なら学校で収得できたはずの知識を
補うだけの学習を子ども自身にさせる、
という労力が追加されることになる。
そんなの絶対無理です。

今までだってわかっていたことですが、
我が家はほんのちょっとしたことで
たちまち立ち行かなくなるような
危うい状態で日々回しているんだということを
改めて突きつけられた一週間でした。
これまで、いざという時には外部に救いを
求められるように備えることを怠ってきた、
(それをする余裕もなかったからですが)
そのしっぺ返しを受けているような感じ
なんだろうと思います。

だからと言って「無理です!」と両手を
上げたところで事態はよくならないので、
とにかく家庭学習を前提に
「休んでいる時にどう過ごすか」を
きなこと話し合いました。
そして手始めに図書館で大量の本を借りてきて
さらに各種ドリルも用意し、
また学習アプリをインストールして
「やれることをやっていこう」と
いうことにしました。

担任にも相談したものの、
ただ「学校に来ることの大切さ」をとうとうと
語られただけだったのであまり期待せず、
ひとまず宿題はやること、
その日授業でやる内容を教えてもらうこと、で
あとは現状維持ということになりました。

これまでに得た情報から、おそらく本人は
HSC(ひといちばい敏感な子)
なんだろうな、という予測を立てています。
ただそれは気質でしかなく、
病院で診断が下りるようなものではないので、
結局それによって何かの支援や配慮が
社会から受けられるわけでもなさそうです。
ただ、自分たちの中で「そういう子なんだ」と
理解しておくことで周りにそれが説明できたり
自分たちなりの対応が取れることになるので、
来週出るこの本もぜひ読んでおきたいと
思っています。
HSCの子育てハッピーアドバイス

あと一つ、今週末に思ったこと。
きなこが学校を嫌な理由は未だにはっきりとは
わからないままですが、聞き出せたのは
「面倒くさいから」。
その言葉だけを聞くと「それぐらいで…」と
思ってしまうけれど、ただ本人にとっては
その「面倒くささ」が我々が思うレベルとは
もしかしたら全然違うのかもしれません。
というのも、土曜の夜にまたいつもの
「お風呂入りたくない」が出て、
ただその前の日も入ってなかった上に
その日は30℃超えの真夏日
おまけに自転車で図書館まで行ったため
一度ならず汗だくになっていた日。
お風呂に入った方がいい理由はこれまでに
もう何十回とやり取りして説明してきたこと。
それでもなお「面倒くさい」が勝ってしまって
結局この日もお風呂には入らなかったのです。

一度「嫌」の方にスイッチが入ってしまったら
もう何があっても判断を変えないという
とてつもない頑固さがあるのか、
それともやっぱり「面倒くさい」の感覚が
我々が想像しているレベルとは全然違うのか、
はたまたその両方なのかはわかりませんが、
とにかくそういう傾向が学校へ行けなさに
かなり関係していそうだなということは
今回改めて感じたことでした。

既に明日は行かない宣言が出ているので、
ある意味ハッキリしている分だけ楽です。
これから先もこのギリギリの状況を、
自分たちの身が持つ限り2人だけで
乗り越えていかなきゃいけないので、
せめて睡眠だけはなるべく多く
取っておこうかと思います。
おやすみなさい。

居場所がなさすぎる

今週、きなこは5日のうち2日しか
学校に行けませんでした。
前の週の旅行が終わってしまい
お楽しみが何もなくなったことが
影響したのかもしれませんが、
こちらも週の半ばの日に出発の直前になって
突然グズグズし出すというような事態を
想定できなかったこともあって、ずいぶんと
よくない対応を取ってしまいました。
3回目の休みの時には改めてお互いに
じっくり話をし、先生にも状況を伝えたので、
明日以降もそうなるようなら
そういうものとして、本人を追い込まずに
済むように対応していこうと思います。

そんな平日が終わった土曜日、久しぶりに
児童館に子ども達を連れて行きました。
するとたまたま同じクラスの子が来ていて、
あちらも顔見知りの来訪が嬉しかったのか
何かと世話を焼いたり誘ってきたりしました。
正直、マイペースに遊びたいタイプのきなこは
終始微妙な表情だったのですが、かつその子は
以前からその児童館によく来ているらしく
相当そこでの決まりごとにも通じていて、
きなこや僕がそれに合わないことをすると
その都度すごい勢いで指摘をしてくるので、
最終的にはきなこも嫌になってしまい
半ば逃げるようにまだ遊び足りない様子の
あんこを引っ張ってその場を後にしました。

きっとその子も普段から家庭などで相当厳しく
言われているからこそなんだろうなぁと
ちょっと気の毒な気持ちもありつつ、
これまできなこにとって息抜きの場だった
はずの児童館が、小学生になったとたんに
ガチガチのルールに縛られた居づらい場所に
変わってしまったのだろうか…と思うと
不憫でなりません。

というのも実はそういうことは他にもあって、
たとえばお店のキッズスペース。
ただでさえ数そのものが減ったりしている中、
せっかくあっても対象は「小学生未満」。
きなこは学校に行くようになったことで
そこでは遊べなくなってしまいました。
確かに1~2歳の子どももいる中に
小学生が入っていくと怪我をさせたりして
危ないというのはわかります。でも、
本人にとってはちょっと前まで遊べた場所が
急に立ち入り禁止になったわけで、
当然不満タラタラです。
実際問題、そんなふうに小1になったとたんに
遊べる場所が一気に減ってしまったな…という
印象を最近すごく受けるわけです。

考えてみると事態は思った以上に深刻で、
我が家の状態で学童になんて当然入れないし、
学校が用意している「ひろば」的な居場所も
そもそも学校自体が嫌なのに行くわけないし、
街には子どもが行って楽しいお店が
どんどん減っていって代わりに年寄り向けの
ものになっていってるし、
きなこにとって「ただ居られる場所」が
いくら探しても自宅以外にないんです。

きっと他の子達はさっさと友達を作って
お互いの家に行ったりしているのでしょう。
でも彼女は幼稚園の途中から行けなくなった
こともあって、ほぼそういう関係を築けずに
ここまで来てしまいました。
そしてすでに学校でも同じような状況に
なりつつあり、それに加えて今回の児童館の
ようなことがあれば、ますます友達関係を
作るのが恐くなってしまうのではという気が
しています。

現状習い事として週一回教室には通っていて
そこはずいぶん楽しそうに行っていますが、
それだって「何かをしなければならない場所」
であることには変わりがありません。
行く以上はやることが決まっていて、それに
一生懸命取り組まないといけないのです。
そうじゃなくてもっと「ただ居られる場所」、
別に何もしてなくてもいいからそこに行って
ただ過ごして帰ってこられるような場所が
本当に見当たらないことに愕然としています。

うちの子以外にも、そういう境遇になって
つらい思いをしている子どもってのは
いたりしないんだろうか。
小学校に行きだしたことで急に過ごせる場所が
なくなってしまい、路頭に迷っている子どもは
他にいないんだろうか。
それこそ、今の自分に有り余るほどのお金と
時間があったら、そういう場所を作って
「別に周りの子としゃべらなくてもいいし
皆と何かをしようとかしなくてもいいから
ただ来て過ごしてていいよ」
みたいな居場所を提供してあげたいなぁ
ぐらいのことを考えたのでした。

ちなみに同じようにきなこにとって大好きな
場所だった子育て支援施設の一時預かりも、
小学生になったことで行けなくなりました。
そして今度はあんこを預かってもらおうにも、
予約受付初日でその月の分がすべて
埋まってしまって取れないという状況が
ここ最近続いています。
未就学時だってやっぱり居場所はないんです。
何なんですかね、この国。

生きて帰ってきた

f:id:temackee:20180527232356j:plain:w240
週末、家族で旅行に行きました。

あんこにとっては初めての本格的な旅行、
ホテルも初めての体験だったので
色々といい経験になったのではと思います。

きなこも大いに楽しんだようですが、
すでに2日目の朝から
「明日からまた学校行くの信じられない」と
もらしていましたので、
寝る前も何度も「学校ヤダ」を繰り返しており
実際明日どうなるかは未知数です。

そして我々は、子ども2人を連れての旅行で
人はここまでボロボロになる、という
一つの検証結果を打ち立てて
帰ってきましたので、命をつなぐために
これ以上の細かい話は省きます。
おやすみなさい…

f:id:temackee:20180527232408j:plain:w240
写真をもう一つ。
知る人ぞ知る、個人的に大好きな場所。
また来られてよかった。

「イヤ」を発見した人

何だかこの一週間は、今までに比べれば
平和だったような気がしま…

うそ。
前の日記を書いた翌朝、自分史上最大ぐらいの
ダメージを受けたんでした。
起きてすぐはそんなに変じゃなく普通に進み、
でもご飯の途中から「学校ヤダ…」が始まり、
気づけば学校に「今日も休みます」の連絡を
しに行っている自分の姿。

最初のうちはそこまで深刻そうじゃないし
「イヤだけどしょうがないから行くか」って
なるような雰囲気に見えたのもあったし
前の週末あれだけ気を配って対応したにも
関わらず結局そういう結末になったことで、
この日一日まったく立ち直れないくらいの
気分の落ち込みを経験し、家族全員
特にきなこ本人にまで気を遣わせてしまう
という結果になってしまいました。
そのせいでか次の日からは休まず行けたの
ですが、何とも後味の悪い週の始まりでした。

ただその後は個人面談で直接先生に
こういう子なんでよろしく!と言えたこと、
初めての遠足も楽しく行ってこられたこと、
そして何よりこの週末が比較的穏やかだった
こともあって何だか平和だったような気に
なっていました。
たださっきもまた「学校ヤダー!」の一言が
あったので、先週でもういい加減懲りたし
明日もそうなるならさっさと見切りをつけて
しまいたいと思います。
というかもうほんと身が持ちません。

というのがきなこの話。
一方のあんこのイヤイヤっぷりは
いよいよ堂に入ってきた感じがします。
とにかく自分のやりたいようにやるので、
こちらの言うことは基本全部無視です。
食事中も1分と椅子に座っていられません。
というかそもそも食べません。
どうやって体を維持してるんだというくらい
まともに食べないし、一方で最近ハマっている
ゼリーはほっといたら無限にくれと言います。

あとはここ1週間で急にトイレに興味を持ち、
踏み台と子ども便座を置いてからの
一連の動きをやりたがるのですが、それで
実際おしっこができるならまだしも
あくまでまねごとでしかないものを、それこそ
1日に何度もやらせろと言ってくるので
こちらもいい加減疲れます。

さらにここへ来てなぜか何でも口に入れる癖が
戻ってきてしまった、というか2歳半すぎて
まだそれ卒業しないのっていうくらい
何でもかぶりつくので本当に困ります。
今日は少し遠くからこっちを見て笑いながら
冷蔵庫の磁石を口に入れようとするので、
こちらもわざとらしく恐い顔をしながら
「やめなさい!」と言ったら、その時は
案の定無視して噛んでたのですが、
その後でこっちに来て「ゴメンナサイ…」と
やっぱり笑いながらすり寄ってきました。
完全にこっちの言うことを理解して
あえて無視してるんだな、ということが
よーくわかりました。

少し前に「イヤイヤ期というのは、こちらの
言うことに従わなくてもいいということを
子どもが発見する時期」という話を
Twitterで見ましたが、まさに今のあんこは
その自由さを思い切り謳歌している時期なの
だなぁという感じがします。

とにかく昨日も今日もイヤイヤ全開で
むちゃくちゃ振り回されましたが、
休日ということでそのぶん本人のテンションも
あがってるから余計に無茶苦茶な要求を
してくるんだろうということにして、
せめて平日はもうちょっと落ち着いてて
くれるといいなぁと思います。
というかちゃんと昼寝しなよ…

なんでこの日記の冒頭に
「今週は平和で」なんて書いたんだろ…?

f:id:temackee:20180520215812j:plain:w240
それにしても暑い一週間でしたね。
土日は涼しかったけど日差しはギラギラでした

「ほんとにもうしわけない」

週末の食事が苦痛です。
原因はあんこです。

食事中に出歩くのはもうデフォルトで、
気まぐれに食べたり食べなかったり
食べないのかと思って片づけようとしたら
ふいにまた戻ってきて食べたりと
まあ2歳児らしいと言えばそうなのですが、
それに加えてこちらが食べているものばかり
欲しがって、黙って手を伸ばして皿からものを
奪っていったり、拒否すると大暴れしたりが
毎回のように発生していて、
今日は我々が食べていたカレー(辛いやつ)に
ロックオンされてしまい最悪でした。
かと思えば本人に出したものは食べもせず
手でこねて遊んでいたりするし。
目下の我々の願いは
「ゆっくり楽しく食事がしたいねぇ…」です。

さて、前回の日記を書いたのが
連休の最終日のこと。
明けて月曜日、きなことの史上最大の戦いが
待っていたのでした。
前日の夕方にも兆候はあったわけですが、
朝起きて、ご飯を食べ終わるくらいから
「学校行きたくない…」が始まり。
とは言えそこまで思い詰めた感じでもなく
前の週の休み明けよりは余裕が見えたので、
今回は何とか押せば行けるんじゃないかと
とりあえず準備を進めさせて、ちょっと
強引ではあったものの出発できる所まで
持っていきました。

でも玄関を出た所でまた立ち往生、
文字通りの押し問答になり、
さらに何とか学校までは歩けたものの
校門の所で再び立ち往生、
場所が場所だけに中から先生なんかも
出てきちゃって、最終的には昇降口で
ほぼ無理矢理上履きに履き替えさせて
1時間目が終わって駆けつけた担任の先生に
泣きながら強制連行されていきました。

自分自身が泣きそうになりながら
家に戻って大急ぎで準備して、
普段よりだいぶ遅れて会社に着くまでの間、
ずっと考えていたのは「やっぱり誰かは
”学校なんて行かなくていいよ”と
言ってあげる人が必要だ」ということ。
僕は立場上「学校行こう!」と言うしかない。
そしていざ学校に行くと、そこにいる全員が
「学校行こう!」という姿勢で待ってる。
実際この日も校門の所で、先生2人と計3人の
大人に囲まれて、きなこはあまりにも
孤立無援の状態に置かれてしまいました。

だから、きちんと子ども側の気持ちに立って、
「学校イヤだよね、行かなくていいんだよ」
といってあげられる大人が必要なんだと
強く実感したのでした。
そうやって味方になってくれる人がいることで
逃げ道もできて、それが心の余裕になって
行けるようになるかもしれないし、今回は
何とかなりそうという感じがしたので
押してしまいましたが、それでも無理な時は
きちんと本人の意思を尊重して、
実際に「行かなくていいよ」の意見の方を
採用してあげることも大切だなと
改めて思ったのでした。

ということで、通勤の道中で妻にその役割を
やってもらえるように重ねてお願いし、
加えて学校から帰った後のフォローも
お願いしておきましたが、実際には朝のことは
なかったかのように元気に帰ってきたようで、
夜僕が帰った時も「普通に行けたよ!」と
ニコニコで報告してくれて、次の日からも
もう行きたくないとは一言も言わず
一週間無事に通うことができました。

明日からはまた休み明けでのスタートで、
やっぱり寝る前には「行きたくない!」が
1回だけ口から出たので、正直起きてみないと
どうなるかはわかりませんが、とにかく
向き合っていきたいと思います。

そんなふうに、お互いボロボロになりながら
2人で学校に行った月曜日の夜。
寝る前の布団の上で
「今日は本当によく頑張ったね!」と
背中を撫でながら言うと、向こうも
「ほんとに!ほんとに!」と返してきました。
そして「行きたくないのに無理矢理連れてって
申し訳なかったね」と続けると、
なぜかきなこも手を合わせる仕草をして
「ほんとにもうしわけない!」と言うのです。
何で謝るのか訊いてみたら、
こちらもむりやり腕を引っ張ったと。
行きたくないとパパを力任せに引き留めた、
そのことを謝りたいというのです。

それ以上はなかったですが、
本人も「行かなきゃいけない」という思いと
「でもやっぱり行くのが恐い」という思いで
ものすごく戦ってたのだろうなぁと
その時に気づきました。
そんな葛藤の中で、「行こう!」と繰り返す
父親に対して、申し訳ない気持ちを本人に
持たせてしまっていたのだなぁと。

この時のきなこのこの姿は、
たぶんこれから先もずっと忘れられないものに
なるんだろうと思います。

f:id:temackee:20180513224044j:plain:w240
週末はリクエストがあって大きな公園へ。
池のボートにも乗りました。

何があったっけか

連休後半が終わりました。
もはや記憶もあいまいなくらい
毎日ボロボロになりましたが、
パッと出てくるのはとにかくあんこの
イヤイヤが猛烈なことになってきて
その度お店の床に這いつくばっているのを
何度も何度も引き剥がした記憶と、
休みが終わって学校が始まってしまうのを
思い出しては不安定になるきなこを
何度も何度も励ました記憶と、
あとは今朝飲もうとして淹れたカフェオレを
カップに蓋をしようとした瞬間に倒して
シンクの横のスペースからそこに置いてあった
スマホから下の引出しから床からスリッパから
全部濡らして泣いて片付けた記憶くらいです。

前回、前半の休みが終わったあとで
はたしてきなこは学校に行けるのか、と
書いたところ結局いけなかったんですけど、
今日は夕方に「明日から学校なのヤダー!」と
絶叫したあとは寝る前には自分から
明日の教科書の準備もできたし、
ずいぶんテンション高いまま眠りについたので
割り切っていってくれるといいのですが
そう思ってるとあっさり足元をすくわれるので
とにかく明日起きた時にどうかだと思います。

連休中、子ども対応された皆さん、
本当にお疲れさまでした。

f:id:temackee:20180506152052j:plain:w240
今年も仕込み完了。
他にもこの休み中にやりたかったことは
あらかたできたので、それはよかったです。