シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

猫の手なんてパンチしかしない

先週、親には親でサンタが来てほしいと
書きましたが、本当に猫の手も借りたいほど
人手が足りないのに実際には猫の手なんて
何の役にも立たないので、サンタお前が
手伝いに来い、くらいの気持ちでおります。

相変わらずあんこは毎食のように
自分の分もそこそこに他人のものを物色し
そこらじゅうを徘徊しこちらの膝に乗ってきて
まともに食事をとれたもんではありません。
外に出れば出たで一時もじっとしておらず
自分の行きたい方向を妨げられると
その場に座り込んで抗議してきます。
今朝も我々の目覚ましがなった時、
きなこがもぞもぞ動いていたので
息を殺して20分待って、ようやく起きられると
動き始めた途端にあんこがむくっと
顔をあげました。
しかもそれで起きるでもなく布団の中に
潜ったまま奇声を上げ続けているので、
結局その声できなこも起こしてしまうという…
ほとんどコントのような世界が
繰り広げられています。

一方、ここ数週間しんどいのが
休みが終わるときなこが荒れること。
荒れるというか、「パパ明日からも家にいて」
と泣かれるのです。
もちろんそんなことは無理なのですが、
楽しい週末が終わってしまうのが嫌らしく
夕食が終わるくらいの時間になると
グズグズグズグズし始めます。
こちらも気持ちは分かりますが
そればっかりは応えてあげられないし、
繁忙期で平日も早く帰れる見込みも全くなく
ただただよしよししてあげるくらいしかできず
しかもそれが30分くらい続くのが
何度もあったりたりするので大変消耗します。

幼稚園を休んでいて、特に家族以外の誰かと
交流するでもなく、狭い人間関係だからこそ
そうなってしまうんだろうとは思うのですが、
今のところ大した打開策もないので
本人の気持ちが一歩進むまでは
当分それにつき合うしかなさそうです。

とりあえず先週は一ヶ所、本人が行きたいと
言っていた習い事の見学に行ってきて
来春から通うことになりそうなので、
本当はもっと早く行かせたいのですが
この先の環境の変化がよい方向に転ぶことを
祈っています。

親サンタ、なんかください

あんこに困り果てています。

最近は毎日のように早朝から目を覚まして
一人布団の中で奇声を上げてたり、
家の中でも外でもとにかくじっとできなくて
一瞬でも手を離せば売場のパンに手を出したり
店の外に突撃して行ってしまったり、そうして
午前中結構外で遊ばせて疲れたはずなのに
なぜか昼寝をぜんぜんしなかったり。

一番ひどいのが毎回の食事で、
すぐ椅子から立ち上がっては
こちらの食べているものを物色し、
自分の分のご飯には手をつけずに
こちらのものをよこせと言ったり、
もしくは食事中に席を立って汚れた手のまま
こちらにつかみかかってきたり、
はたまたどこかに走って行ってしまったり。

正直ここ数週間、こちらが落ち着いて食事を
できたためしがありません、っていうか
毎回の食事が修羅場のピークです。
朝ご飯が終わった段階で既に親は2人とも
一日分を越える疲労を感じていることも
ザラです。

いたずらの能力だけはどんどん上がっている
割には相変わらず言葉が出てきておらず、
未だに「水が飲みたい水筒取って」すら
言葉で主張できずに、ただ手を伸ばして泣く
みたいな状態なので、コミュニケーションの
成り立たなさっぷりがまた我々にとっては
ストレスです。

発達がゆっくりなのはしょうがないし、
多動の傾向があるっていうならそれはそれで
そういう子なのだからしょうがないのですが、
いかんせん我々2人にそんなあんこを
受け止められるだけの余裕がないというのが
一番の問題で、きなこだってあんな感じなのに
どうやって対処すればいいんだ、ていうか
もうとっくにパンクしてるって言ってんのに
無理矢理空気送り込まれて回転させられてる
みたいな毎日が続いています。

と言いつつ今年も既にサンタ代行業務も終え、
年賀状のプリントも今日受け取りました。
体調もまだ崩してません。
その辺ができなくなってきたらいよいよ
危険なラインかなと思うので、
そうならないように対処法を考えて
いかなきゃなと思うのでした。

f:id:temackee:20171210224925j:plain
あんこが今一番はまっているのがノンタン
買ってあげた絵本を見て、妻が一言
「親には親サンタが来てくれたらいいのに」
と。
ぜひ来てください。
そして何かごほうびください。

ギリギリですよ

この1週間、幼稚園のことは特に何も
動いてません。
来週はおゆうぎ会もあるけど
たぶん無理でしょう。
この土日の様子を見ている限り、
やっぱり家以外の居場所をどこかに
作ってあげるべきなんだろうなぁとは
思うのですが、それもまだ具体的には
動けてません。
我々が日々のことでギリギリすぎて、
正直そこまで手が回っていません。

取り急ぎ12月になったので、子ども達は
サンタさんへの手紙を書きました。
そして小さなアドベントカレンダー
きなこにプレゼントして、
さっきクリスマスツリーも出しました。
年賀状も注文しました。

仕事は繁忙期に入っているので、
なかなか決まった時間には帰れなく
なってきました。
そんなときに限って、あんこが昼寝を
しないままで起きてたりするので、
帰るやいなやお風呂に入れてそのまますぐ
寝る、というパターンが増えてきました。

夫婦で観に行けるのを楽しみにしていた
探偵はBARにいる』の新作は、
子ども達の一時預かりが取れずに
昨日と今日で一人ずつ見に行きました。
期待通りとても楽しかったのですが、
できれば2人で観たかったな。

ギリギリです。
ギリギリですよもう。

かつて子どもだった全ての皆さんへ

子どもの時代を経験したことのない方は
恐らくあまりいないのではと思いますが、
そんな、かつて子どもだった皆さんに
いま大人の顔をして生きている一人として、
謝らなくてはならないことがあります。

私達は、皆さんにひどいことをしてきました。
たとえば、
「言うことを聞きなさい」
という言葉。
言い方の違いこそあれ、同様の意味の言葉を
言われたことのない子どももまたそんなに
多くはないのではないかと思います。

当然子どもですから、最初のうちは
そんなこと言ったところで通じないでしょう。
その時、かなりの確率で大人はその後に
「もし聞かないなら…」と、まるで相手を
脅迫するような言葉を続けてしまいます。
さっさと起きないなら。
勉強しないなら。
残さず食べないなら。
ルールを守らないなら。
さらにその後ろにどんな言葉が入るかは
様々だったでしょうが、きっと子どもにとって
好ましいものは一つもなかったはずです。

私達大人は、そういう言葉を使うことで
子どもに言うことを聞かせてきました。
それは、「恐怖」を道具に使った脅迫であり、
支配であり、暴力であったと考えています。
たとえ直接叩くなどの行為に及んでいなかった
としても、これは暴力なのだと。

大人がそういうやり方を使ったのは、
何よりそれが楽だったからです。
とにかく子どもを自分達の思い通りに
コントロールするために、恐怖というのは
非常に手っ取り早い手段だったからです。
要するに、「よく効く」のです。
おそらくそれを言う時、私達自身の中に暴力を
振るっているという自覚はなかったでしょう。
それどころか、それが親の愛情なのだとか、
そうやって厳しくすることで子どもは成長する
などと思い込んでいたのでしょう。
あるいはそう言い訳することで、自分の中の
後ろめたさをごまかそうとしていたのかも
しれません。
いずれにしても、本当に多くの大人達が
当たり前のように、そのやり方を使って
子どもに言うことを聞かせてきました。

でも、体の大きさも、力の強さも、知っている
知識の量も、つながっている世界の広さも、
大人と子どもとでは圧倒的な差があります。
その関係の中で「言うことを聞かないなら…」
と脅されることは、子どもにとって
何より恐ろしいことであったのではないかと
思うのです。

子どもは、大人の援助がなければ
生きていくことすらできません。
そんな状況で、この人に従っていないと
援助を受けられなくなるかもしれない、
生きていくことができないかもしれないという
恐怖があれば、子どもだって言うことを
聞かずにはいられなくなるでしょう。
どれだけ大人の側に自覚がなかったとしても、
その言い方は子どもにとっては
命の危機に直結するような脅しとして
作用してしまっていたはずです。

さらにそういうことをすることで、
子どもの中には次の3つの気持ちが生まれて
いたのではないかと考えています。
まず1つが、逆らうと自分の身に恐ろしい
ことが起こるのではないかという恐怖。
もう1つは、どうせ何かを望んでも
聞いてもらえない、望みを持つと
かえってつらい思いをするという諦め。
そしてもう1つは、自分はこんな扱いを
受けても仕方のない人間なのだ、という
自己否定です。

そうやって生まれた気持ちは、
簡単には消すことができません。
人によっては、十分に大人の年齢になった
今になっても、その気持ちにとらわれて
苦しんでいるかもしれません。
恐怖を紛らすために安心感を求め続けたり、
何かを望むことはバカバカしいと冷笑して
まるで初めから諦めてしまうことが
大人な態度のようなポーズを取ってみたり、
自分は生きていてもしょうがないんだ
役に立たなければ価値がないんだと思い込み
さらに酷い扱いすらも受け入れてしまったり、
幸せになることがまるで悪いことのように
感じてしまったり。
そんな気持ちに、心当たりはないでしょうか。

ところで、大人達がそういうやり方でしか
子どもを育てられなかった理由には、
他にも思い当たることがあります。
その1つはその大人自身が、子どもの頃に
さらにその上の世代の大人達から
そういうふうに育てられてきたから。
そのやり方しか経験していないせいで、
「これが正しいやり方なんだ」と
思い込むしかなかったのです。
それが間違ったやり方だと認めることは、
自分達自身の子ども時代がいかに惨めで
どれだけ酷い扱いを受けてきたかを
正面から受け止めざるをえなくなります。
それができなくて、記憶を封印したり、
「あの時の苦しみには意味があったのだ」
と美化しようとしてしまったのです。
そしてそれと同じことが、皆さんの中でも
起きているのではないでしょうか。

さらにもう1つの理由。
たとえば母親が、自分の子どもに対して
言うことを聞かせられないのを見て、
怒ってくる人がいたからです。
「うるさい」
「しつけがなってない」
「それでも母親か」
そういう声から逃れるために、
とにかく早く子どもに言うことを聞かせる
必要があったのです。
親自身が、さらに強い「社会」の脅迫から
身を守らなくてはならなかった。

他にも、探せば理由は見つかるかもしれない。
ただここではっきりと言っておきたいのは、
それらの理由は全て、大人の側の都合なんだ
ということです。
別に子どもが頼んでそうしたわけじゃない。
自分のことを恐怖による暴力で脅して、
何でも言うことを聞く素直で従順な人間に
育てて欲しいと、子ども達自身が
望んだわけではないはずです。
全ては大人が、その大人達で作る社会が、
自分達の都合で好き勝手に子どもを扱い、
暴力を持ち出し、恐怖で支配し、
成長した後もそのダメージから
回復できない人間を作るようなことを、
繰り返してきた結果なのです。

私達は、そのことを反省しなければならない。
暴力を使ったやり方は間違いだったと、
はっきり言い切らなくてはならない。
私達大人は、子どもに暴力を振るい、
その尊厳を著しく傷つけてきた。
そのことを謝罪しなければなりません。
本当に、本当に申し訳なかった。

大人の役割は、子どもが自ら成長し
自立できるようになるまでの
サポートをすることです。
皆さんが「この世界に生まれて良かった」と
思えて、これから先の人生を楽しめるように、
必要な知識を伝え、いろいろなものの見方や
考え方があることを、示してあげることです。

それができるような存在になるために、
まず大人が成長しなければ、と思います。
私達が未熟であったことで、皆さんに
とても酷い仕打ちをしてきてしまった。
その事実と向き合い、
どうすれば自分達は大人になれるのか、
これからしっかりと考え続けていきたいと
思います。

一つの結論

先週、急な発熱で幼稚園復帰が延びそうだ、
という話を日記に書いたわけですが、
それから一週間。幼稚園には一日たりとも
行けていません。

月曜はさすがに発熱が下がったばかりで
病欠でしたが、正直一日中元気だったので
翌日からは行っても全く問題ない状態でした。
でも本人は、次の日から行くとは一切ならず。
完全に、復帰前の雰囲気に逆戻りしてしまい
ました。

こちらとしてもこの状態を長引かせるのは
回避したいので、あらゆる条件を並べて
再び復帰への道のりを提示してみましたが、
本人は一切聞く耳持たず。
相変わらず行きたくない理由ははっきりとは
分からないし、復帰中は結構楽しそうに
通っているように見えていたので
行ったら行ったで何とかなるんじゃないか…
ということに望みをかけていたのですが、
通えていた理由を本人が話してくれました。
それは「先生と約束したから。
約束を破るのは良くないことだから」と。
つまりその間も決して楽しかったわけではなく
義務感で頑張っていただけだ、ということの
ようなのです。

それを聞いてしまうと、もうこちらもそれ以上
あれこれ言うのも気が引けるというか、
結局彼女に何かを耐えさせることにしか
ならないのだな…と逆にこちらが
申し訳ない気持ちになってしまいました。
とは言えある程度は今後の方向性を
見定めなければならないので、
改めて本人に今後どうしていきたいか、
もうちょっと頑張って行ってみるか
しばらく保留でこの状態のまま続けるか
いっそすっぱりやめてしまいたいのかを
希望を聞かせてもらうことにしました。

一日おいて確認したところ、答えは
「やめたい」と。
そこで幼稚園に連絡し、とりあえず
退園の手続きのやり方だけ確認して、
予想通り引き止めが入ったので
すぐに結論を出すのはやめて
もう少し考えてみます、
ということにしました。

それを本人にも伝えて、先生の言葉として
「クラスのみんなも寂しがってるらしいよ」と
話したところ、ちょっと表情が明るくなった
ように見えましたが、いずれにしてもそれ以上
特に幼稚園のことを話題に出していません。
いつか本人の中で思うことがあれば、
自分から何か言ってくるかもしれないと思って
しばらく待ってみるつもりでいます。

と言いつつ、今日でまた僕の休みが終わり
ということもあってか、さっき寝る前には
寂しいと泣かれてしまいました。
幼稚園に行かないなら行かないで、
家以外の別の居場所を作ってあげないと
本人がつらいのだろうと思うので、
そこは少し本腰を入れて考えてみたいと
思います。

f:id:temackee:20171126220030j:plain:w240
今日は久しぶりに家族そろってお出かけしたり
外食したりしたのが相当楽しかったようで、
泣いたのはその反動もあったかもしれません。

もういいことはないと思った方がいいのかもしれない

あまりにも毎日ろくでもないことばかり
起こるので、思わずそんなタイトルに
してしまいました。
ここで恨み言を書き連ねてもいいのですが
一応子育てブログなので子どものことを。

先週末、久しぶりに
激しめの喘息の症状が出てしまったきなこ、
結局翌日から丸一週間幼稚園を休みました。
金曜ぐらいにはある程度症状も落ち着いて
来ていたので、去年くらいだったら
恐らく連れて行ってしまったのでしょうが、
まだまだ本人の気持ち的にも行く気になれず
せめて完全に治まってから改めて話をしよう
かなと思っていた矢先の、今日のこと。
まさかの38℃の熱を出しました。

子ども達は月曜に小児科に行って以来
外に出ていません。
親二人はもちろん外との接触はありましたが、
現時点で特に風邪の自覚症状は無し。
となると、いったいどこからもらってきたの
かと考えてみたところ、唯一の可能性は
前日、ヒビが入ってしまった家の窓ガラスを
交換しに業者さんが来てくれた、
その人達からぐらいしか思いつきません。
わずか30分間程度の滞在時間で、かつ本人は
一週間前の風邪がようやく治ってきた所で、
そこでピンポイントで感染するとか
どんだけだよという気持ちです。

実は朝起きてから様子がおかしかったのに
こちらもそんなまさかという気持ちがあり、
咳も落ち着いたし週明けからまた幼稚園に
行く可能性を考えて今日あたりは少しでも
外に出ておいた方がいいだろう…と、
この寒い中に連れ出してしまいました。
結局途中で本人が帰りたがったので
切り上げて帰ってきてそのまま横になり
少し休んで熱測ってみたら38.0℃です。
この外出が症状を悪化させてたらと思うと
悔やんでも悔やみ切れません。
恐らく幼稚園への復帰は
もう少し先になると思います。

一方のあんこ、同じ外出に同行し
いつもながらのノンストップぶりで
何だかんだときなこの世話を焼いている間も
常時どこかへ行こうとする、こちらの制止も
いくら体を抑え込んでもスルリと抜け出して
脱走しようとするのの連続で、
たった2時間弱の外出だけで
ボロボロになりました。
これだけ一切こちらの言うことを無視される
というかこちらの意志に真っ向から抵抗を
され続けると、本当に精神に来ますね。
今のところ本人に姉の風邪がうつった様子は
ないですが、こちらもこちらで気を遣わなきゃ
いけないので明日からまた一人で
昼間の2人の相手をしなきゃいけない妻の
心労を思うといたたまれない気持ちです。

ああもうほんとにせめて何かいいことないんか

健康診断からの

今週きなこは、来春から通う小学校で
入学前の健康診断がありました。
仕事は休みにしていたので妻とどっちが
ついて行ってもよかったのですが、
本人の希望により一緒に行ってきました。

今週は月曜こそずいぶん渋ったものの
何とか毎日休まず幼稚園に行けていて、
この日も早めの時間に迎えに行くまで
大変ご機嫌だったし、健診自体も
相当楽しみにしているようでした。
いざ行ってみるとかなりの行列で、
でもその中には幼稚園のクラスメートが
ちらほら見受けられ、みんな来年は
一緒にこの学校に通うだということも
わかって、本人的にも安心だったのでは
ないかと思います。

2時間近くかかって全部が済んで、
でもまだもの足りなかったのか
この日は風が強く冷たい気候でしたが
校庭の遊具でずいぶん遊んでから帰りました。
健診の結果も何も問題なしだったし、
よほど今日のことが楽しかったのか
早く学校に行きたい、今度の休みには
ランドセル買おうと息巻くきなこ。
こちらとしてもイベントが一つ済んで一安心、
となっていたこの日の夜のことでした。

寝付いた後くらいから、度々うなされる声が。
結局この日は朝起きるまで何度もうなされ、
起きた途端にくしゃみを連発、鼻ダラダラ。
もう完全に健康診断でもらってきた感じです。
思えば風邪を引くのもずいぶん久し振りな
気がします。

せっかくいいペースで登園できていた中
でしたが、前日のうなされ具合を見て
ここで無理をさせると確実に悪化すると
大事をとって幼稚園は休みに。
次の日もくしゃみ鼻水に加えて咳が出始め、
寝ている間の呼吸音がかなり怪しいので
やっぱり休ませ。

そんな中、今日になって急激に症状が悪化。
咳が止まらなくなって「吐きそう」と。
折しも日曜で病院はやっていないので、
何とか市販の咳止めシロップでしのぎました。
明日も通院、幼稚園も休みになると思います。
せっかく本人が前向きになってたのにな。
健康診断め…