シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

がんばりポイント

この週末は、小学校の運動会がありました。
きなこは1回も練習に参加してませんが、
様子だけは見に行きたいということで
あんこも連れて行ってきました。

が、会場の人の多さと、ちょうどやっていた
かけっこのピストルの音がダメだったらしく
滞在5分ですぐその場を後にしました。
このリアクションがヒントになると思うので
後日学校にフィードバックしたいと思います。

今回はじめて学校の運動会に行ってみて、
周りからわらわら人が集まってくる感じが
ああ地域のお祭りみたいなものなのだな、
という印象を受けました。
これだけの人数が押し寄せるイベントを
先生やPTAだけで回すのはたぶん無理なので、
おそらく相当数の地域の人達が
協力して成り立っているのでしょう。
皆さん本当にお疲れさまですという
気持ちと同時に、はたしてそれだけの
大規模なものにする必要がどれだけあるの
だろうか、とも考えてしまいました。
いったい誰のためのイベントなんだろう、
子どもががんばる姿を見たくてしょうがない
っていう感覚とはどんなものだろう、
みたいなことをぐるぐると。

物語なんかで、主人公がミスをして
ピンチに陥る、というような展開が
我が家は親子揃って苦手なのですが、
個人的には登場人物に災難が降りかかって
困難な状況を何とかがんばって乗り越える、
みたいなものも年々ダメになってきています。
特にそれが子どもだったりするとなおのこと。
娯楽としてそういうものが求められるのには
どういう心理があるんでしょうね。

そういえば、今日たまたまテレビで出てきた
「根性」という言葉の意味を聞かれたので、
「すごく無理をして本当はないはずの力を
ムリヤリ出すことだよ。まああんまり
いいことじゃないねぇ。」と
説明しておきました。
少なくとも、他人からそれを強要されるのは
決して望ましいことではないと思います。

がんばるということで言うと、相変わらず
お風呂にしろ歯磨きにしろ食事にしろ
きなこの「めんどくさい」が強すぎて
毎日のようにやりたくないでもやるべきか…
という間でウンウン悩んでいるので、
一方で毎日「早くゲームやりたい、もっと
やりたい」と言っているし、それならそれを
モチベーションにしてみたら?ということで
「がんばりポイント」というシステムを
提案してみました。

やりたくないけどやった方がいいことを、
自分なりにがんばって出来たら1ポイント。
溜まった分は1ポイントを5分に換算して
好きな時に普段のゲーム時間に上乗せできる。
ついでにママの家事を手伝っても1ポイント。

最初説明した時は、そうやってポイントを
溜めること自体がめんどくさい…と
言われましたが、システム導入のサービスで
先週学校の相談室で給食をちょっとずつ
食べられたことを初回に2ポイントつけると
いう話をしたら乗ってきたので、
早速やってみることにしました。
そんなにガチガチの運用をするつもりはないし
こっちからそれを餌に迫るつもりもないですが
本人的に悩んでしまった時の後押しになれば…
ということでとりあえず始めてみます。

で、さっき寝る前には「そのポイントは
ゲーム時間以外にどんなことに使える?」と
想定外の質問が来たので、軌道に乗るようなら
いろいろと考えていきたいと思います。

f:id:temackee:20181014214951j:plain:w240
今週、僕らが9回目の結婚記念日だと聞いて
きなこが描いてくれたお祝いの絵。
毎日特に何もいいことがないと、こういうのが
ご褒美になったりするのだなぁという気持ちも
わかるのですが、でもこれを子どもに対して
求めてしまうのも違うよなぁと思うのです。

全拒否

あんこがいよいよ「全拒否」状態です。

少し前から好物ばっかり欲しがって
それ以外のものをろくに食べない、特に主食を
食べないという傾向が強くなっていましたが、
ここへきてお風呂にも入らなくなりました。
今までお風呂だけは進んで入る子だったので
それもかよ…な状態です。
毎日毎日「お風呂入ろうね」「イヤ!」の
やりとりから始めなきゃいけないのが
本当に疲れるし、最終的に無理矢理抱えて
連れて行ったりすると
もちろん絶叫して拒否するので、
その声を聞いてきなこまでお風呂拒否が
再燃したりするのでやっかいです。

食事の方も、相変わらず途中で席を立って
寝室に行ってしまうことが頻発していて、
「まだ途中でしょ?」「イヤ!」
「じゃあ片づけちゃっていい?」「イヤ!」
「だったら戻って食べる?」「イヤ!」
ってなもんで、話になりません。
あ、もう一個ありました。
ハミガキもここ最近は拒否しまくりです。
とにかくすべてが拒絶から入るし
一方でお菓子だとかお出かけだとか
ポテトだとか、本人の好きなものへの執着は
とんでもないものになっていて、
今日も午前中の買い物で買ったお菓子を
おやつの時間までずーーーーーーっと
ねだられ続けられました。

とりあえずお風呂は何とかしないと困るので、
急遽いろんな種類の入浴剤を用意して、
今日はその中から好きなものを選んでもらって
自主的に入るように導きました。
飽きるまではこの方法でいけそうです。
ハミガキに関しても、最近本人が好きな
ぐでたまのうがい用コップを買って与えた所
これまた非常にスムーズにいきました。

今まで、きなこに比べればいろんなことを
割と嫌がらずに行動してくれる子だったので
「キミもか…」という思いが強いですが、
結局イヤイヤの延長なんだろうなと思って
いつか終わることを夢見て対策をとって
いくしかないかなと思っています。
そんなきなこは6歳になった今も
ダメなものの数はあんまり減ってないというか
むしろ増えているので、その夢は夢でしかない
可能性がありますが…

f:id:temackee:20181008202907j:plain:w240
3連休はとにかく暑かった。
今週も大変疲れました。

9月終わり

9月が終わりました。
今月も「まだ終わってなかったのか…」
というくらい、激しい1ヶ月でした。

この週末は妻の両親が会いに来てくれて、
正直うちの子2人を連れて新幹線で長距離を
移動できる気がせず途方に暮れていたので
これは本当に助かりました。
たった数時間の交流でしたが、
あんこは別れ際に泣き出してしまうくらい
一緒にいたことが楽しかったようです。
いろんな刺激になったのか、ますます
言葉がどんどん増えているような感じで、
今日は初めて10まで間違えずに数えられ
ました。(今まで4が抜けてた)

台風も来てるので、今日はこの辺で。

ルーティンが作れない

先週に比べれば、遥かに平和な3連休でした。
あのキレどおしだった先週末を考えれば、
日曜にはあんこの一時預かりもあったので
3人だけでゆっくり食事も楽しめたし、
今日もそんなに特別なこともなく
平凡に過ぎていくかと思ったのです。
…夕方までは。

ここ最近は食事もすぐ途中で切り上げて
席を立ってしまうあんこが、今日に限っては
いつまでも席に座ったまま、かといって
もりもり食べるわけでもなくダラダラと
結局1時間半くらいかけて食べ続け、
一方できなこは今日唯一の野菜である
カボチャサラダを食べるか食べないかで
30分ぐらいグダグダした結果結局食べず、
それでも先に食べ終わって暇だったのか
スタンプを出して遊び始めたものだから
とっくにお風呂の時間だっていうのに
あんこも参加して遊び始めてしまい、
そうなるともうお風呂にいくら誘っても
それ以前にハミガキしようと言っても
一切「イヤ!」しか返ってこない状況で、
かと思えばそれまでダラダラ遊んでいた
きなこが今度は生まれて以来
通算1000回くらい繰り返している「お風呂に
入るかどうか」でまたグダグダし始め、
最終的には普段の時間を大幅に過ぎてから
きなこは1人で入る&妻に手伝ってもらう、
あんこは入らず清拭だけして済ます
ということになり、その後も普段と逆の流れで
進行していつもより30分押しぐらいで
さっき2人とも寝ました。

とにかく、毎日当たり前にやるようなことが
その都度「今日はどうなさるおつもりで?」
から始めなきゃいけないのが、
本当に労力です。
しかもイヤならイヤでさっと決めてくれれば
いいようなことも、食事にせよお風呂にせよ
「どっちつかず」のまま、ただ時間だけが
どんどん過ぎていく状態がとにかく苦痛です。
いっそ毎日同じ動きにしてしまった方が
面倒くさくないんじゃないかと思うのだけれど
その辺本人達はどういう感覚なのか、
決められなくてウンウン言ってるきなこに
一回聞いてみたい感じです。

今週は平和に終われると思ったんだけどな…

f:id:temackee:20180924150451j:plain:w240
彼岸を過ぎたとは思えぬ暑さでしたね。

苦行連休

ちょっとここまでひどい目に遭わされたのは
記憶にないくらいの3連休だった気がします。

きなこは口を開けば「退屈~」と言ってきて
分刻みで遊びにつき合うことを要求してくるし
それでシャボン玉やってたらやったで
液をズボンに盛大にこぼすし、
あんこは「お出かけしよ~」の圧がすごいので
雨の中連れ出したら、水たまりに突撃するし
傘は要らないと渡してくるし、まだ帰らないと
道路の真ん中に座り込んで抗議するし、
キミら2人で1日に何回着替えるのよ…
ぐらいな感じで過ぎていった3日間でした。

いよいよ2人が同じレベルで手が掛かるように
なってきたので、といっても2人まとめて
同じことができるような年齢差でもないので、
全く別々に2人の要求を聞きながら
(そしてすぐ衝突する2人を仲裁しながら)
過ごすのが、こんなに大変なものかという
噛みしめたくなかった実感を
噛みしめさせられています。

とにかく見たいテレビ番組から何から
やりたいことがバラバラなのです。
なのでどっちかの要望を聞くともう一方が
キレて、その声に最初の一方がキレる、
という無限ループが四六時中発生して
いるような感じです。
自分の子どもの頃はどうだったんだっけと
思い出してみると、
2歳上の兄のやりたいこと観たいものに
何の疑問も持たずに追随していた気がするし、
休日といえば親の買い物なり用事なりに
不満をはさむ隙もなく連れて行かれていたので
あんまり参考にならなそうです。
ただそれは覚えてないだけで自分なりに
いろんなあきらめを重ねた結果として
そうなっていたのかもしれないし、
一方で家族に言わせれば「お前の気を遣って
こっちが合わせてやってたんだぞ」ということ
なのかもしれないので、とりあえず今は
そうやって(叶うかどうかはともかく)
子ども達が各々自分のやりたいことを言えて、
こっちも無理なことは無理!と言い合える
というのはお互いの精神的には健全なこと
なのかもとも思って、身が持つ限りは
受け止めていきたいなと思うのでした。

などと書いてますが、
この3日間でキレた回数を考えると
いつまで持つのかこんな生活…とも思います。
初日が終わって寝る直前に妻が
「休日なのに何でこんな苦行みたいな…」
と呟いてました。
休日が休日である日が来るのでしょうか。

f:id:temackee:20180917144843j:plain:w240
3日間、きなこのスライムづくりに
毎日つき合わされました。
洗濯のりがどこに買いに行っても品切れで
これまた彼女のキレる原因に。

自分の心のケアは自分でできるように

ここの所、大変な災害が立て続けに起きて、
毎日ちょっと気を抜くと泣いてしまいたく
なるようなニュースがどんどんテレビから
流れてきます。
とにかく、被災地の方々には一刻も早く
心の平穏と生活の安定が戻ってくれることを
祈るばかりです。

そんな中、特に被災者でもない私たちが
今すぐにできること、そして結構やった方が
いいんじゃないかなと思っていることが、
「ちょっとでも優しい気持ちで
いられるようにすること」です。
優しい気持ちでいられるということは、
それだけ自分の気持ちの中に余裕がある
ということなので、つまり私たちはなるべく
自分の気持ちに余裕を確保しておけるように
意識して過ごしてみてはどうか、
と思っているわけです。

ニュースを見て、たとえ自覚できていなくても
私たちは少なからず心にストレスを
受けているんではないかと思います。
まずそのストレスの存在を認識してあげて、
自分に合った方法で対処をしてあげること。
ストレスの原因になっていること自体から
離れるのが難しいのであれば、何か別の形で
埋め合わせできるようにしてあげること。

それを自覚できないままで放っておくと、
たとえ見えないようにしたところで
それ自体が消えることはないので、
結局はどこかで何らかの形で出てきます。
自分の中で何とかできなかったそれは、
「誰かに何とかしてもらう」という方法に
頼るしかなくなるわけですが、
自覚できていなければ当然その「誰か」に
正しい対処法を求められるわけもなく、
「とにかくこのモヤモヤをスッキリしたい!」
という方向になってしまうんだろうなと。
マイナスな感情を上手く言葉にできなくて
ついクラスの友達に乱暴してしまう子どもと、
図式としては同じです。

さらに良くないことに、そうやって
何とかしてもらおうとする「誰か」とは、
たいていが自分にとって言いやすい相手、
たとえば子どもだったり女性だったり
外国籍の人だったりといった、
社会的に立場の弱い人達が選ばれがちです。
要するに、その人達に自分のストレスを
擦り付けることで解消しようとしてしまう。
そういう事態になることを避けるためにも、
これだけ大変なことが周りで起きている
今だからこそ、改めてまず自分の中にある
ストレスの存在と、それが生まれる原因を
しっかり見定めておこうと。
そう意識していないと、知らず知らずのうちに
誰かを傷つけてしまいかねないなと
思ったのです。

実際問題、普段から私たちはそのことが
あまり上手にできていないのではないかと
思うことがあります。
たとえば国に対しても、「誰か何とかして」の
「誰か」を求めてしまっていないだろうか。
もちろん自分達の生活環境の改善や、
きちんと復興がされるように資金や人員が
割り当てられていくように求めていくことは
何もおかしいことではないのですが、
自分達が自覚できていない精神的ストレスの
ケアを国に求めてしまうということは、
結局は「一時的なスッキリ」を国に対して
やってもらうということにしかならない
のではないかと。
みんなが「とにかく目の前のモヤモヤから
目を逸らさせてくれ!」と求めて、
国としてもそれに応じるように動いた結果が、
つまりはやたらとでっかいお祭りをやったり、
さっき言ったような弱い相手に擦り付ける
みたいなことを一緒になってやろうとしたり、
何故かやたらと攻撃力を高めるための道具を
たくさん買い込もうとしたり、
国の基本ルールをむりやり変えようとしたり、
そういうことになっているんじゃないかと。

そんな感じの「スッとする」ことにばかり
コストを持っていかれないためにも、
私たちはせめて自分自身の心のケアぐらいは
自分でできるようにしておく必要が
あると思うのです。
実際やることは別に難しいことではなくて、
たとえば普段よりたくさん休憩を取るとか、
いつもより長めに寝ておくようにするとか、
この際だから普段より豪華な食事をするとか、
ちょっと欲しかったけど買わずにいたものを
思いきって買っちゃうとか、
そんなことでいいんだろうと思います。

自分のできる範囲で、自分にあったやり方で、
自分がいま何にストレスを感じていて
どうすればそれに対処できるかという
心のケアが皆それぞれにできるようになれば、
もうちょっと余裕を持って、
優しい気持ちで過ごせるようになって、
これまでそこに使っていた分のコストを
いま必要なことに振り分けることが
できるようになるんじゃないかなと思います。

最終日

今日はきなこの夏休み最後の日でした。
もとより学校には行けていないので
新学期になったからといって本人の生活が
大きく変わるということもないのですが、
それでもやはり夏休みが終わることが
残念でしょうがないようで、今日は何度か
不安定な状態になりました。
今日までは「特に理由もなく」家にいて
よかったのが、そうではなくなってしまう
ということに本人なりに感じることが
あったようでした。
それと同時に単純に楽しかった夏休みが
終わってしまう寂しさがあったようで、
そう思えるくらいに楽しく過ごせたのなら
それはそれでよかったかなと思っています。

期せずして今日はあんこの一時預かりで、
その間3人でゲームをしたり外食したり
その行き帰りに水たまりで遊んだりと
締めくくりにとても楽しい時間を
持てたようです。
お迎え前に追加でやったゲームが
うまく行かなかったことと、
いよいよこれで楽しいことが全部終わり
という失望感でなのかものすごい泣き方を
されたりもしましたが。

休みの間には、できる範囲で今後学校と
どう向き合っていけるかを模索したり
本人の気持ちを確かめたりといった機会も
持てたので、再開後も引き続き試行錯誤ですが
ぼちぼちやっていけたらいいなと思います。