読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

ヒクメン

思うこと

いつも読んでいる「パパスイッチ」というサイトから
イクメンの定義って何?」というアンケート
来ていて、何だかモヤッとした気持ちになったので
書いておこうと思います。

そもそも、「イクメン」という言葉が
世間を闊歩していることに、違和感を感じます。
個人的な感覚で言えば、子育ては夫婦二人でやるのが
「当たり前」であって、「子育てに協力的な父親」
という概念が存在すること自体がおかしいからです。
それは「子育ては母親が一人するもの」という
前提があるから成り立つ考え方だと思うのですが、
だとすると「イクメン」なんていう言葉が
まかり通るということは、世間的にはまだまだ
そういう意識ですよ、ということなのでしょう。

もちろん、多くの夫婦が実際には二人で協力して
子育てして来たはずなのですから、
ことさら「イクメン」なんて呼ばれることを
もっと否定していいと思うのです。
それは逆だろうと。
特別なのは、本来二人でやるもののはずの育児に
関わろうとしない父親、の方であるはずです。
もし世間的に取り上げるのならば、
そっちの方であるはずじゃないかと思うのです。

だからあえて同じ表現を借りるとすれば、
育児に消極的な父親の方をこそ
「非イクメン=ヒクメン」とでも呼んでもらって 、
むしろ「恥ずかしい人」として扱ってもらいたい、
くらいに思います。

それは冗談としても、少なくとも育児をする父親を
特別視することが終わらないうちは、
子育てにおける父親と母親それぞれの存在を
フラットに見てもらうことなどできないし、
その風潮が終わって初めて、それぞれの役割分担に
ついての議論ができるんじゃないかと思います。

というか僕からすれば、
こんな楽しいことに関わろうとしないなんて
もったいないですよ、ヒクメンの皆さん!
というところですね。