シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

2倍感

学校2週目が終わりました。
今週から給食が始まりました。
学校側が「すすめはするけど強制はしない」と
いうスタンスなので、とても助かっています。
毎日帰ると本人が「今日はこれをちょっとだけ
頑張れた」と嬉しそうに報告してくれるので、
まあ泣きながら食べてた幼稚園の頃よりは
マシなのかな、という感じです。

それ以外にも、保護者会での話を聞く限り
事前に食物アレルギーのある子の話を
みんなに話してくれたり、
「自己肯定感」という言葉が出てきたりと
現場としてはきちんと考えて対応して
くれようとしてくれているんだな、
という印象は受けました。
それだけに、なぜもっと潤沢に人とお金が
そこに投入されないのか…という悔しさも
より強く思ったりもしましたが。

この週末は、2週間がんばったご褒美に
2人で遊園地に行ってきました。前日の夜に
軽い気持ちで「どっか行きたいとこある?」
と聞いたらまさかそんな場所が飛び出すとは
思ってなかったし、その時に言っていた
「これとこれだけ乗れればいい」ってだけで
済むわけがないのもわかっていましたが、
並んだアトラクションがことごとく
「もう待てない!」と諦めることになったり
わざわざ1日フリーパスを買ったのに
それとは別の常設でない有料のやつに
これをやらせろ!とキレられたり
そこで1000円もかかったからおみやげは
無しという約束だったのに「見るだけ」と
寄ったおみやげ屋でたまたま目に付いた
動物のぬいぐるみを買ってくれと
店内で大泣きされたりと色々ありまして、
まあほんとに死ぬほど疲れました。
あれだけわがままを爆発させたのも、
それだけ学校でがんばったからこその
反動であると思って受け止めたいと
思います…

そして、実はこの週末それに輪をかけて
きつかったのが、あんこのことです。
もちろんこの人も2歳ですので、日に日に
横暴感というかフリーダムさが増してきて
いるのですが、それにしてもここ数日は
接している間ずっとふざけているというか
とにかく箸が転がっても可笑しいってぐらい
異常なテンションで絡んでくるし、
食事中も一時として座っていられないし
食べ物では遊ぶしそもそもロクに食べないし
夜もいつまでたっても寝ないで遊んでるし
要望通りにならないとブチ切れるしで、
本当に削られました。

特にここ数ヶ月、言葉がどんどん増えていて
積極的に「話しかけてくる」ようになっている
わけですが、常時何かを話しかけられている
状態というのは、かなりくるものがあります。
もちろんその間にもきなこの方からも
同じように話しかけられているので、
いよいよ「2倍」で来てる感じがあって
その隙間のなさに気が遠くなりそうでした。

あんこのテンションの高さは僕がいると
より増幅されるということのようなので、
もしかしたらお姉ちゃんの学校が始まって
昼間いなくなってしまったことの反動が
出ているのかもしれませんが、だとしたら
もう少ししたら今の状況に慣れて
落ち着いてくれるといいなぁ…と
かなり切実に願っています。

f:id:temackee:20180422150429j:plain:w240
遊園地で。高いところに登ったので、
お決まりの「ミニチュア化」してみました。