シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

まねっこモード

大晦日ですが、日常です。
先ほど寝かしつけも終わって
ほっと一息しているところですが、
どうせ数時間後にはまた子どもの世話が
始まります。

あんこはここ1週間ぐらいで、
何かのスイッチが入ったかのように
きなこのマネをするようになりました。
とにかくねぇねのやってることを真似る、
ねぇねの持っている物を欲しがる、
ねぇねの遊んでいる物にちょっかいを
出したがるということの連続で、
当然のごとくそれによって姉妹間で
度々衝突が発生しています。

イヤイヤの兆候もかなり出ているあんこ、
ちょっとでも思い通りにならないと
烈火のごとくキレるので、それでまた
きなこもうるさいと言ってはキレ、
もはや笑うしかないような修羅場が
一日に何度となく起きています。

発達の途中で、「誰かのマネをする」と
いうことは恐らくとても重要な
ステップなのだろうと思うし、
実際こちらの言葉を真似することも増えて
言葉も徐々に出始めているので、
とても大変ですが何とか次の段階に
進んでもらいたいと思います。
先日きなこには、いつもうるさいのを
我慢させてたり、おもちゃを奪われたり
壊されたりすることを
目一杯労っておきました。

そんなきなこは先週、実際使うかどうかは
わからないものの、ランドセルを買いました。
近くの大型スーパーが軒並み「現品限り」に
なり始めたので、選択肢があるうちに…と
本人に選んでもらって決めました。
なお幼稚園のことは、先日軽い感じで
「冬休みが終わったらまた行ってみる?」と
聞いてみたところ、
「そのことはまた今度考える」だそうです。

でもその間一生懸命市販の算数のドリルに
取り組んでいるし、4月からの習い事にも
意欲を見せているし、本人なりに前向きに
いろいろ頑張っていると思います。
あんこと一緒に遊ぶことが増えて、
お姉さんらしくいろいろ気を遣ったり、
何でも自分が~では通用しないシーンも
多くなってきていると思うのですが、
何だかんだでバランスを取ってやってくれて
いるように見えます。
もちろんまだまだめちゃくちゃ身勝手だったり
気持ちが不安定になることもありますが、
むしろこちらの頭が下がる思いになることも
多いです。

2人とも、それぞれ着実に成長していって
いることを感じつつ、
ただだからといってそのことで我々が
劇的に何か楽になるっていうことも
やっぱりないので、2018年も引き続き
まず自分達が倒れないことと
上手にご褒美をあげることを心がけて、
やっていきたいと思います。