シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

なんで今日なんだ

この週末は、半年ぶりくらいに子ども2人に
一時預かりに行ってもらう予定でした。

一時預かりは、前月の1日から受付開始なので
一月半くらい前には予約を取っています。
そして当日は夫婦2人で映画に行くつもり
だったので、2日前には席を押さえました。
一週間前にきなこが風邪を引き、
意外と長引きましたがそれもさすがに
回復のメドが立ち、合わせて心配していた通り
あんこにもうつってしまいましたが、
そちらは鼻水が出る程度の軽い症状だったので
このまま行けるかなと踏んで
その前提で全ての準備を進めていました。

それが、前日の夜に突如下痢をして、
当日の朝には熱はないのにぐったりというか
何にもないのに突然泣き出すような状態。
はっきりと原因はわからないものの、
泣いているか横になっているかぐらいの
正直生まれて以来一番なんじゃないかという
つらそうな様子だったので、当然というか
あんこは当日キャンセルになりました。

せめてきなこだけはそのまま一時預かりへ、
席を取った映画も妻だけに行ってもらい
僕があんこを看て(ほぼ寝ていましたが)、
思い返せばここ数日妙にご飯を拒否したり
していたけれど、それも要はつらかったのか
ただのイヤイヤじゃなかったのか…と、
気づけなかったことを悔やみながら
一日を過ごしたのでした。

それだけぐったりしていたあんこ、
当日の夜にはずいぶん元気になり、
翌日には食欲もだいぶ出てきて
普段通りに元気に遊んでいました。
ここ数ヶ月2人とも風邪らしい風邪を引いて
いなかったことを思えば、本当にこの日だけ
ピンポイントで体調が悪かったことに
なります。

1ヶ月半前から準備してきた我々にとっては
「何でこの日なんだよ!」という思いは
いまだに拭いきれませんが、
とにかくこういうことが起こるのが
子育てというものだと割り切って、
せめて単なる風邪で1日で回復したことを
良かったと捉えてまた頑張りたいと思います。
その風邪が今日はとうとう妻にも
襲いかかってきていますので、まずは明日
無事に乗り切ることを考えなきゃいけません。

にしても、あまりにも良いことがなさ過ぎる。
マイナスと釣り合うとまでは言わないまでも、
せめてちょっとぐらいはプラスなことがないと
正直もう心が持ちません。


あ、きなこの方には良いことがありました。
この3連休中に、下の前歯がグラグラし始めた
ことと、生まれて初めて錠剤の薬を飲むことが
できました。

あとは僕ら自身に良いことがありますように…