シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

人手不足

今回なにを今さら…なタイトルですが、
実際家族一人が大きな病気でもしたら
たちまち存続の危機に陥るぐらいには
慢性的に人手が足りてない、我が家の
逼迫した実状は置いておいて、
ちょっと先日ふと思った話を。

最近のあんこは、言葉こそ相変わらず
ゆっくりめな発達具合を見せつつも
手遊びなどのお互いにコミュニケーションを
し合う遊び方ができるようになってきて、
こちらもだいぶ遊びがいがある感じに
なってきています。

で、そういえばきなこの時も
このくらいの時期には毎日結構がっつりと
そういうことをしていたなぁということを
ふと思い出したのでした。
妻がお風呂に入っている間、
きなこと2人きりの時間をめいっぱい使って
手の中にものを隠して「どっちだ?」って
やったり、使わなくなったリップクリームの
フタを閉められるかの遊びを一緒にやったり、
扇いであげてたうちわに描いてあるキャラで
即席のお話を作って聞かせたり、
あれこれその場で考えて遊んでいたのでした。

そういう時間が果たしてあんことの間に
持てているかといえば、正直全くなのです。
当時1歳のきなこに使っていたその時間が、
今は全て5歳になった今のきなこの相手で
費やされているからです。
そもそも子ども2人の世話があるから、
妻は2人とも寝付いた深夜にしか
お風呂に入れてない。
せいぜいあんこをお風呂に入れている
わずか数分の間しか、がっつり2人で
向き合える時間が持ててない。

これが2人目の現実、と言ってしまえば
それまでですし、僕が関われない分も
最近は昼間の時間にきなこが一緒になって
遊んでくれるようにもなってきているので、
結果的には大して変わらないんだろうとは
思いつつ、単純にあれだけ長女の時には
使えていた時間が次女に対しては
向けられてないんだなぁということを
実感させられたのでした。

ちなみにこの週末は前回の日記を受けて…
というわけでもないのですが、
子ども2人と自宅から500mくらい
離れた所にあるスーパーに行き、
往路は抱っこで連れて行ったあんこを
雨も止んだということで帰りは下ろして
自分の足で歩いてもらいました。
そしたらほとんどノンストップで
自宅までそのまま爆走(爆歩?)して
帰れてしまいました。

帰ったら汗びっしょり&お昼を食べ終わったら
即寝だったので、さすがに相当疲れたんだとは
思いますが、その程度はやれちゃうんだなぁと
今回初めて知りました。
逆に言うとこれまでそれほどまでに
一緒に手をつないで歩く機会も
なかったということでもありますが…