シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

年の差問題

4月が終わりました。
何だかきなこはこの1ヶ月、ずっと
風邪を引いていたような気がします。
もう治ったと思ったら咳だけが
いつまでたっても治まらないうちに、
先週は遠足があったせいで
再び悪化してしまい今に至るという。
冬場ほとんど風邪を引かなかったのに
ここへ来てむしろ元気な日がない
くらいになってしまいました。
それだけ春は過酷な季節だという
ことかと思います。

この週末、子ども二人をまとめて
サークルの中で見ていた時のこと。
きなこがあんこのおもちゃ(コップ重ね)を
引っ張り出してきて遊んでいたら、
あんこがそれに何度も手を出して倒すので
ブチ切れたきなこが叩いてしまうという
ちょっとしたハプニングがありました。
まだなかなか一緒に遊ぶ、というような
感じにはなりませんね。

あんこは何にでも手を出す時期なので
目を離すわけにいかず、できることなら
行動範囲を制限したいなと思うのですが、
(たとえば寝室のドアを閉めたり)
それをことごとくきなこが開けっぱなしにして
いったりするのであまり意味がありません。
また一方、きなこのおもちゃは
細かいパーツのものも多かったりするので
(たとえばお人形のアクセサリーとか)
極力あんこには触れさせたくないのですが
それも遊んでその辺に放っぽっていったり
するので大変やっかいです。
今日もあんこがもぐもぐやってるので
吐き出させたらリカちゃんの靴でした。

食事にしても、まだ2人が食べられるものには
違いがあるので、なかなか家族そろって
というようなわけにもいきません。
でもあんこは人が食べているものが気になって
仕方ないので、最近はタイミングは同じでも
別々の場所で食事をとってもらう、
というようなことがとても多いです。

3歳半の微妙な年齢差、もう何年かすれば
そんなに違いもなくなるだろうし
それこそ2人で一緒のおもちゃで
遊んだりもできるようになるのでしょうが、
もうしばらくはそれぞれに合わせた対応を
していかないとならなそうです。