読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

きょうだい関係

今日は暑かったですね。
今から秋が待ち遠しくてしょうがないです。

先週から幼稚園が再開したきなこ、
さっそく風邪を引き2日休んだ後、
案の定あんこにもうつって今日も2人とも
まだ治ってません。

そんな2人の関係で、最近ちょっとなって
いるのが、姉の妹に対する当たりのきつさ。
きなこがことあるごとにあんこにちょっかいを
出すのですが、それがいちいち乱暴というか
それこそ何の意味もなく頭をはたいたり
するような感じがあるのです。

そりゃまあきょうだいならぶつかり合いも
あるよなとは思いつつ、さすがにあんこもまだ
無抵抗にやられ放題なので、ハラハラします。
きなこの方も別に意地悪してやろうというとか
そういうつもりはなく、ただじゃれているだけ
だったり、一緒に楽びたいということの
ようなのですが、その辺はまだ相手が
一歳児だということまで気が回らないので
ついつい乱暴な感じになってしまって
いるのだろうと思います。

そのことで不意に蘇ってきたのが、
自分の子どもの頃の思い出。
僕が中学の頃、兄が夏休みを利用して
3週間以上泊まり込みのバイトをしたことが
ありました。
一切顔を合わせることのない1ヶ月が過ぎ、
バイトが終わって久しぶりに会った兄は
僕の頭を小突くようなことをしてきたのです。

思い返せばそれは、会わなくなる前から
彼に散々されてきたことでありました。
だから向こうは今までと変わらぬノリで
いつも通りの態度で接してきたつもり
だったのでしょうが、こちらとしては
1ヶ月の間にすっかり感覚がニュートラルに
戻ってしまっていたので、
「えっ何これ?何でこんな仕打ち受けんの?」
と思ってしまったのでした。
冷静に考えれば明らかにされて嫌なことを
されていたのに、それが日常化して自分自身も
特に嫌なこととも感じていなかったのです。

あんこもやがて姉に刃向かうように
なっていくのだろうと思いますが、
そこはお互い嫌なことはちゃんと嫌と
言い合ってもらって、不健全な関係に
ならないようこちらとしても
見守っていこうと思います。

あと、今そのエピソードを思い出したことで
改めて感じたのは、人と人の関係性は
1ヶ月くらい間が空けば結構ニュートラルな
状態に戻るのだなあということ。
逆に、相手の関係性を見つめ直すには
1ヶ月くらいの期間が必要なのだなあ
ということ。

だからもし普段子どもを一時預かりに
連れて行って「リフレッシュ」なんて
言ってるけれども、本気でリフレッシュ
しようと思ったらやっぱり1ヶ月ぐらいは
空けなきゃいけないんだろうし、
逆にそこまでインターバルを置けば
いま毎日イライラしながら接している
我々親としても、もっと新鮮な気持ちで
子どもにおおらかに接することが
できるのかもしれない。
そんなことを考えたのでした。

f:id:temackee:20170416232055j:plain:w240
すっかり葉桜になってしまいました。