読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

大人が足りない

冬休みが終わりました。
明日からまたきなこは幼稚園です。

長い休みの間、さすがに本人もヒマなのか
毎日のように思いつきで無茶な要求を
ふっかけてきては、拒否されると即ギレして
怒鳴る暴れる殴ってくるという日々が
続いておりました。
(殴ったらさすがにこちらも怒るので
たいがい後でごめんなさいが入る)

クリスマスやらお年玉やらの楽しいイベントが
あってこの有様なので、果たして明日から
すんなり日常に戻れるのか、甚だ不安です。

そんなきなこに輪をかけて、この休み中
手に負えなかったのがあんこです。

元々食に対する執着がすごくて、
早く食わせろもっとそっちを食わせろ
これで終わりなんて嫌だ許せないと
食事の度に大泣きするので
食べさせるだけでドッと疲労させられてきた
彼女でしたが、それにプラスして
最近は機動力を身につけだしたことで
サークルの中で過ごすことなどには満足せず
触ってほしくないものにばっかり手を出す、
行ってほしくない場所に限って行こうとする、
止めに入ると全力で怒る、の連続で
一日の中でご機嫌な時間なんかほとんどない
んじゃないかというくらい荒れまくりです。

そんな2人にそれぞれが必死に対応している
合間には、空気の読めないネコ達がやってきて
エサをよこせだの撫でろだの言ってくる訳で、
まあこの冬休みは控えめに言って
毎日が地獄でした。

昨日の夜には2人で
「せめて最終日くらいは平和だといいね…」
なんて言って真っ白になって寝たのですが、
翌朝子どもが起きてきて一時間もたたない内に
昨夜あんなことを言った自分に対して
「何そんな生ぬるいこと言ってんだナメんな」
と殴りに行きたい気持ちになったものです。
結果、今日はこの2週間くらいのうちで
最もしんどい日になってしまい、最後には
お風呂上がりのあんこが布団におもらしする
という大惨事(しかも2日連続)によって
幕を閉じたのでした。

まだ僕は明日から会社という別の場所に
逃げていけますが、引き続き明日からも
そんなあんこ(妻命名:進撃の小人)と
一日中向き合うことになる妻の心情を思うと、
大変心が痛いです。

今回、そんな日々の中でつくづく感じたのは
圧倒的な「人手不足感」。
まともに子ども2人と向き合おうと思ったら
それに対して大人2人なんかでは
全く手が足りません。

もしそれをやるとなると、その当事者が
精神と生命を削るほどの無理をして
何とかするか、はたまた子どもに対して
彼らの人権や尊厳を重んじるような対応を
することを諦めるしかない状況になると
いうことなのだと思います。

とりあえず乳幼児期の子どもが2人、
一日中家にいて、さらにそこに手のかかる
動物なんかがいるような家庭の場合、
最低でも人手としてよく動ける大人が
3人くらいは必要だということを、
今回実感値として得ましたのでお伝えします。

現場からは以上です!

f:id:temackee:20170109174550j:plain:w240
「あ~空はこんなに青いのに…」の心境。