シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

居場所を探して

きなこの登園拒否は一向に好転しません。

木曜日には、前日の運動会の練習で転んで
ケガをしたことと、当日の給食に苦手な
ミニトマトが出るとわかってしまったことで、
もうすっかり出発の支度まで済んだ玄関前で
まさかの断固拒否が発生し、そのまま結局
行けずに僕だけが会社に行くという
悲劇的な事態が発生してしまいました。

それだけが原因というわけではなく、
常に火種は本人の中にあって
ちょっとでも何かきっかけがあると
それが爆発してしまうのだろうと思います。
未だに幼稚園が嫌な一番の理由というのは
本人の口から聞けてはいませんが、
とにかくその日は欠席になりました。

その次の日、何とか再度説得して「前の日
行けなかった理由をパパが先生に説明する」
という条件付きで出発しました。
教室前に着いて正直にそのことを伝えると、
先生は明らかに険しい顔。
きなこを見送ったあと脇にずれて、
「この先年長さんになっていけば
今まで以上にキツいことが増えていくので、
何とか無理してでも連れてきてください」と
ちょっとした説教を受けてしまいました。

先生から見れば僕らの行動は
甘やかしているように見えるのでしょう。
普段こちらが家庭の中でどれだけ本人と
向き合っているか、親の都合を押しつけて
無理矢理連れて行くようなことだけは
したくないからこそ、どれだけ手を尽くして
自分の意志で行けるようにするべく、日々
泣くような思いをしているかなんてことは
先生には知るよしもないことなのでしょう。
それをいちいち説明するのも面倒だし、
少なくともこの幼稚園できなこのケアを
してくれるのはその先生だけなので、
ここは素直に「頑張ります!」とだけ伝えて
その場を去りました。

そして改めて、やはりきなこには
「もう一つの居場所」を作ってあげなければ
という思いを強くしました。

家庭と幼稚園そしてそれ以外にもう一箇所、
彼女が「ここは自分の居場所だ」と
感じられる場所があれば、たとえそれ以外の
場所がなくなろうが、今の時点で
「いなきゃいけない場所」が苦痛であろうが
安心していられるのではないかと思うのです。
それは普段から妻とも繰り返し話していること
でもあり、何より僕自身が強く感じていること
でもありました。

ただ、いざそういう場を見つけてあげようと
した時、まず思いつくのが「習い事」ですが、
調べてみても金額もさることながら
どこも割と「本気」な感じの所ばかりで、
「ちょっといさせてくれればいいんです」的な
緩い感じのとなるとなかなか見つかりません。
別にその道を極めたいとか、そこで得た
スキルを使って将来に役立てたいとか、
そんなことは思っていないんです。
ただ子どもが自分のペースで、
自らの意志で行きたいと思えるような場所を、
提供してくれるだけでいいんです。
そういう場所が、なかなか見つかりません。

そんな中、今日は以前から少し気になっていた
隣町にある教会にきなこを連れて行きました。
そこは日曜の朝に子ども向けの礼拝を
やっていると聞いていたので、
正直どんなものかは全くわかりませんでしたが
まあ本人の気分転換くらいにでもなれば…
ということで覗きに行ってみたのでした。

きなこは異様な雰囲気に少しとまどって
いましたが、きちんとお祈りも含め
プログラムが終わるまで居続けられました。
(説教を聞いている間、テキストの裏に
載っていたイラストの解説をしたりしながら)
そして最後には初めての参加ということで
急遽前の方に呼ばれて、名前と年齢、所属を
聞かれてもしっかり答えられました。

ただ、そもそも僕自身に信仰心が全くないのに
もしこの先深く関わっていくと後ろめたさが
すごいことになるだろうなぁということと、
前に呼ばれて手を引いていったら進行役の人に
「できれば子ども一人で来てくださいね」
と言われたのに対し「あんたらもそういうこと
言うのかよ…」っと思ってしまったので、
きなこ自身が行きたいとでも言わない限り
今後行くこともないでしょう。

ということで、引き続き彼女の居場所を
見つけてあげるべく、
いろいろ当たってみたいと思います。

ちなみにこの週末は、彼女がいま
一番ハマっている「マインクラフト」を
僕のスマホに入れました。
ずっとYouTubeで実況を見ていたのですが、
いよいよ自分でやりたくなったようで。
もうこの際だから本人がおもしろいと
思えるのであれば、彼女の居場所は
電脳空間でもいいくらいに思ってます。

f:id:temackee:20161002222637j:plain:w240
今日行った公園で。
あー空はこんなに青いのに…な気分でした。