読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

再燃に次ぐ再燃

前回「行けるようになった」と書いた、
きなこの幼稚園問題。
どれほど自分が甘く見ていたかを
思い知らされることになりました。

日曜日をはさんで、週が明けたら
完全に逆戻りしてしまっていたのです。
月曜の起き抜けからさっそく
「やっぱり幼稚園行きたくない」が始まり、
またイチから説得しなおし。
寝起きだから…とか、ご飯食べたら…とか
こちらの淡い期待をことごとく打ち破り、
あらかじめ話していた「1週間頑張ったら
アクアビーズの新しいセットを買う」も
全く意味をなさないまま
押しても引いてもの時間が過ぎていき、
最終的に「終わったら好きなアイスを買う」
+「帰ったら新しいアプリで遊ぶ」
+「自転車で連れて行く」の3つの条件で
本人が納得したのは、さすがに出勤しないと
僕自身がヤバい時間ギリギリのこと。
急遽そこから妻にバトンタッチして、
文字通りダッシュで駅に向かったのでした。

その翌日も朝から同じようなバトルをし、
とはいえ本人の態度も前日ほどは頑なでもなく
今度はあらかじめ自転車前提にしたりもして
一応笑顔で教室に向かえるほどになり、
さらに水曜日は元々半日なのもあって
起きた時こそ「行きたくない」が出たものの、
それ以外は問題なく徒歩で登園できました。

続く木曜・金曜はもはや何の滞りもなく、
思った通り「行くのが普通」になってきたな、
と思っていた土曜日の朝のこと。
まさかの事態が待っていました。

この日の幼稚園は、プロの人達を呼んで
演奏会を聴くという行事が組まれていました。
といっても、あくまで子ども達が聴くだけで
内容もきなこ本人から何となく聞いた程度の
小規模な行事だったのですが、
これを本人は運動会やおゆうぎ会のような
「親も全員見に来る日」と思い込んだらしく、
そうでないという事実が判明したのが
当日の朝になってから。

本人が「普段の服で行きたい」と言い出した
時点で気づけばよかったのですが、
いつもの気まぐれと対処してしまったために
実はパパもママも行かないとわかって大荒れ。
いくら泣いても収まらない状態に
なってしまいました。

結局この日も普段の登園時間から30分遅れで
目を真っ赤に腫らした状態で連れて行き、
土曜日だったので「お迎えは全員で!」という
約束で何とか送り出したのでした。

お迎えからはもうケロッと元気になり、
今日も休日を全力で満喫した様子でしたが、
この1週間のやりとりの中で
何となくわかってきたのが、
一番行きたくない理由が「パパとママと
離ればなれになること」らしいということ。

もちろんそこには幼稚園が落ち着ける場所で
ないということもあるかもしれないし、他に
もっと重大な理由があるかもしれないですが、
少なくとも本人の口からはっきり出たのが
そのことだったので、
ひとまずそこにある本人の寂しさと不安を
受け止めてあげなければと思ったのでした。

土曜日の朝、泣きながら
「ずっと我慢してたのに」
「本当は行きたくなかったのに」
となじられた時には、
正直胸が締め付けられるというか
こちらも泣きたい気持ちになりましたが、
それでも本人なりに気持ちに折り合いをつけて
行こうとしている様子も見受けられるので、
明日からもまたイチからのやり直しに
なってしまうかもしれませんが、
諦めずに対応していきたいと思います。