シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

このメンバーで

ええと、どこから書いたらいいのやら。

先週末、幼稚園がイヤだと言って
さんざん泣いたきなこ。
実際事態は思った以上に深刻でした。

今週は幼稚園が「夏期保育」を実施していて
毎年夏休み中の1週間だけは園を解放して
希望者は午前だけ預かってもらえるという週。
妻の負担を考えて、ぜひきなこには
毎日でも行ってもらいたいと思っていました。

ただ月曜は台風が来ていたので元々ないとして
火曜日の朝から誘ってみるも、本人の返答は
先週末と変わらず「幼稚園は行きたくない」。
理由を聞くと、工作とかあれこれやらなきゃ
いけないことが多くてイヤだということと、
家にいた方が楽しいということ、
それ以外は「わかんない」の一点張り。

特に何か休み前に困ったことや、つらいことが
あったのかどうかも「わかんない」しか答えが
返ってこないので、どうにもわからず。
さらに最後には「もうずっと行きたくない」
「幼稚園やめたい」との発言が。

そのことで、あんまり連日あれこれ訊きすぎて
本人を追いつめてしまったのか、
それとも僕が困り果ててやさぐれている様子を
見せてしまったせいなのか、水曜日以降
すっかり不安定になってしまいました。
何しろ僕が会社から帰ると途端に「パパが
いなくて寂しかった~」と大泣きされるほど。
これはまず気持ちを落ち着かせてもらうのが
先決ということで、結局今週の夏期保育には
1日も行けなかったばかりか、週の後半は
その話題を口に出すこともやめました。

実際原因が何なのか、どれほど本人の中で
深刻な問題になってしまっているのか、
正直言ってわかりませんし対処法も全く
見えていません。ただとにかく本人が以前から
何より楽しみにしているあんこの誕生日まで、
このことには触れないようにしたのです。

そうして問題を先送りにしたままの土曜日、
この日があんこ1歳の誕生日でした。
それは同時にきなこがお姉ちゃんになって
1年の記念日でもあり、
親の僕ら2人がこの苦境を1年間やり遂げた
記念日でもありました。
ということで2人にプレゼントを渡し、
もちろんたっぷり遊んでもらいましたが
それ以外は特にロウソクを立てることもなく、
全員で集合写真を撮ることもなく、
あんこの昼寝中に3人それぞれが選んだ
カットケーキを食べただけでした。

もちろん大切な記念日ではあるものの、
別にだからといってこの日から劇的に
何かが楽になるわけでもなく、相変わらず
あんこは何かあればすぐ大声で文句を言うし、
(予防接種をしたので普段以上に不機嫌)
きなこはその声がうるさいといってキレるし、
そんな2人の手に負えなさに僕らもうんざりで
こっちこそキレたい気持ちをこらえながら
ギリギリの精神状態のまま対応しているし、
そして懸案の幼稚園問題はそのままだし、
そうそう心穏やかに過ごせるわけないのです。
この日も何度も絶望的な気分になりながら
いつもの「非出勤日」を何とか乗り切って、
ヘトヘトになって1日を終えたのでした。

とはいえ、前日の寝かしつけの時間に
まだ不安定なきなこを2人で挟んで
川の字になって寝転がった所に、あんこが
「私も混ぜろ」とばかりに突撃してきて
みんなで大笑いしている時、
あんこ初めての(レンジで作る)蒸しケーキを
家族総出になって食べさせている時、
「ああ、4人で家族になってるんだなぁ」と
なんだか自然と涙が出てきました。

たとえ今がどんなにつらくても、この1年間を
このメンバーで乗り切ってきたのは事実です。
そしてこれからも、このメンバーでどうにか
こうにかやっていくことになるのです。
日々の暮らしには特に区切りはないけれど、
せめて僕らの気持ちの中ではこの1年
親業を本当にがんばったし、
きなこもお姉ちゃんを本当にがんばったし、
あんこもよくここまで成長してくれました。
みんなと自分に本当にお疲れさまを言いたいと
思います。

f:id:temackee:20160828213050j:plain:w160 f:id:temackee:20160828213101j:plain:w160
プレゼントはきなこにアクアビーズ、
あんこにはコップ重ね。
アクアビーズは1日でほぼやりつくされ、
コップ重ねは主にベビーベッドから外に
「投げ捨てる」という遊びに使われました。