シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

ブックスタートGO

区でやっている「ブックスタート」は、
1歳までの子どもに絵本を2冊無料で
プレゼントしてくれるというものですが、
半年ごとに自宅に届けられる北欧などと違って
自力で図書館に取りに行かなきゃいけない
という中途半端なサービスなので、
きなこの時に引き続き
「そのうち行かなきゃ…」と思っているうちに
梅雨が明け、猛暑になってしまい、
でもいよいよ期限が迫ってきてしまったので
比較的暑さの落ち着いたこの週末に
決起して取りに行ってきました。

しかしその図書館、自転車でも15分はかかる
距離にある上、手前に激しい高低差があり、
加えて休みの日にあんこだけを連れて
出かけることをきなこが認めるはずもなく、
結局一人後部座席、一人おんぶという状態で
はるか遠くの坂の向こうの図書館に
行って帰ってくることになったのでした。

一時期よりは涼しい、と言ってもこの暑さの中
3人乗り自転車の思った以上のペダルの重さに
帰路のことを真剣に心配しつつ、
汗だくになって着いた図書館で引換券を出し、
本を受け取るのにかかった時間はわずか2分。

まだあんこが初めての図書館の子どもスペース
(じゅうたん張りでそれなりに広い)に
大層テンションを上げて楽しんでくれたのが
せめてもの救いでしたが、きなこが借りた
本の分もプラスしてさらに重くなった自転車で
死にそうになりながら家に帰ったのでした。
なおあんこは帰る途中に背中で寝ました。

前回の反省をふまえて、もらった絵本には
補強テープを貼る予定ですが、それだって
どれだけ持つかわからないので
(すでに渡したお古の本は見事に破壊)
果たしてかけた労力に見合うものだったのかは
疑問に思いつつ、とりあえずもらった以上は
そのうち読んで聞かせてあげようと思います。