読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

8ヶ月目はLight Sleeper

日記

あんこが満7ヶ月になりました。

最近はとにかく何にでも興味を示し、
とにかく何でも口に持って行く日々です。
気づけば下の歯に加えて上の歯も生えてきて
完全に噛みつける状態になりました。
離乳食はだいぶメニューも増えてきましたが、
それ以上にミルクへの執着がすごくて
今日もお粥を食べさせていたら途中から
「それはいいから早くミルクよこせ」
という圧力を感じました。
一方母乳への興味は薄れていく一方で、
下手したら早々に完ミ+離乳食に
移行してしまうかもしれません。

それよりも最近困っているのが、ここの所
あまり夜しっかり寝られないこと。
これまでだったら夜20時半頃に寝始めたら
平気で朝起こすまで通して寝続けていたのが、
ここ1月ほどはほぼ毎日21~23時くらいの間で
最低1回は目を覚まして泣いてしまい、
朝も早いと5時くらいには起きてしまいます。
さらに、我々が寝るために寝室に連れて行くと
少し前だったら結構雑に運んでも
びくともしなかったのが、最近では
どれだけ繊細に連れて行こうとも
軒並み起きて泣き出してしまいます。

成長過程的にそういう時期なのか、今鼻風邪を
引いているから苦しくて寝てられないのか、
それとも春になって日が長くなってきたせいで
自然に目が覚めてしまうのか、
はたまた随分早い段階から夜通し寝るように
なった分を今取り戻しているのか、
理由はさっぱりわかりませんが、
とにかくここ最近のあんこの眠りの浅さには
ほとほと手を焼いています。

さらに1月前にも書いたとおり、
僕がどうしてもきなこへの比重が
大きくなってしまっているせいもあるのか、
やっぱり夜泣きの時などは「ママでないと
ダメ」なことが多くて、数日前にも
寝室に運ぶ途中で泣き出してしまったあんこを
一旦リビングに戻って抱っこし続けたものの、
それで何とか寝たからと再び寝室に行って
下ろそうとすると起きてしまう、を
通算3回繰り返し、結局最後は起きかけた所で
ヨメが手を握ってくれてやっと落ち着く、
というようなことがありました。
この時すでに、最初に泣き出してから1時間。

時は春休み、毎日子ども2人が家にいる生活で
すでに日中ボロボロの上、
夜泣き早起きを繰り返すあんこに
ヨメのダメージは深刻なので、何とか少しでも
肩代わりができればと思っているのですが、
それでもやっぱりヨメがあやして寝かした方が
遙かにスムーズだというのもまた事実なので、
僕は「きっとそういう時期なんだから
しょうがないよ」と逆にヨメに気を遣わせて
しまうほどヘコみながら、
毎日無力感と現実の間で揉まれています。

いや、ヘコんでる場合ではないので
何とか打開策を探しつつ、とにかく今は
このあんこの眠りの浅い時期が一日でも
早く終わってくれることを祈るばかりです。