読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

滑り込み修了式

昨日、きなこが幼稚園年少組を修了しました。

先週はインフルエンザ、さらに復帰後の
登園拒否と、荒れに荒れた日々だったので
せめて最終週は平穏に過ぎてほしいと、
本人にも「あと一週間で終わりだからね」と
幾度となく伝えて備えてきました。

しかし、日曜の夜くらいから咳と鼻水が。
それ以外は至って元気でしたが、怪しいので
早めに小児科にかかってもらい、
結果症状を抑える薬だけを出してもらって
それを飲みつつだましだましで
何とか毎日休むことなく通っていました。
しかしいよいよ修了式前日の夜になって、
いつもより早い時間にパタっと寝たなぁ
なんて思っていたら、深夜にまさかの嘔吐。
しかも2回。

そのまま朝になり、熱こそなかったものの
食事は牛乳とヤクルトしかとれず。
明らかに風邪でしたが、発熱がないのと
何より本人が行く意志を見せていたので、
とにかくしんどくなったり吐きたくなったら
ママか先生に言うんだよと伝えて、
当初の予定通り僕は仕事に行きました。

結果、無事最後までこなしてきたそうです。
ただ帰ってすぐ横になってしまい、
その後熱を測ったところ38.7℃。
式のあと、教室でみんなが先生に挨拶したり
一緒に写真を撮ったりしている中
本人はとにかく帰りたがっていたそうで、
もうその時点で相当きつかったのでしょう。

そのまま夜もゼリーとクッキーだけを食べて
寝続け、何とかパジャマに着替えるだけはして
布団に移動してもらいましたが、
また夜遅くにはかなり熱も上がっていたようで
何度も苦しそうにうなされていました。

日付が変わるくらいからは落ち着いたのか
朝までしっかり寝てくれて、
いつもより遅めに起きてきた時点で37.1℃。
食事も白飯のみではあるものの食べられて、
その後昼食、夕食とどんどん本来の調子に
戻っていきました。
まだ便が相当ゆるいですが、2日前に
吐いて以降まともに食べられていないことを
考えれば、無理もないかなと思います。

とにかく綱渡りというかもう完全に
綱から落ちていましたが、
これで何とか幼稚園での最初の1年を終え、
春休みに入ることができました。
泣けるほどしんどかった入園式の日から
ここまでずっと、落ち着いていくどころか
むしろあの頃よりも大変な最後になって
しまったものの、もちろんこの1年の間に
きなこ本人はものすごく成長したし
我々もまた相当に鍛えられました。

4月からまた年中組としての1年が
スタートしますが、その先もいろんな
大変なことが起こるんだろうなぁと
腹を決めつつ、とにかく本人には
最後の最後まで本当にお疲れさまでしたと
伝えたいと思います。

f:id:temackee:20160319170922j:plain
↑体調もかなり回復した今日の夕方、
雨も上がってすごく気持ちの良い天気に
なっていたので、少しだけ外に出ました。
本人も元気になってうれしかったのか
随分とはしゃいで走り回っていました。