読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

マスク一家

日記

前日きなこが39℃の熱を出したものの
翌日には下がって「みんな健康が一番
なんてことを書いたのが、水曜日の夜。

翌木曜日はすっかり元気になって、
幼稚園のひな祭り行事にもしっかり参加が
できた、その日の夕方から再び発熱。
「いやあ思いっきりぶり返したねぇ」なんて
話していたら、夜には再び39℃超え。

金曜の朝になっても微熱があり、
さらにヨメとあんこにも風邪の症状が
出始めていたので、3人そろって小児科で
診てもらうことに。そして出ました
きなこに「インフルエンザB型」の判定。

調べたら一回熱が下がってまた上がることも
あるそうで、小児科の先生も火曜日の熱が
インフルだったのか、そっちはまた別の
風邪だったのかは今となっては判らないし、
もし火曜から発症していたらタミフル
あまり効かないだろうとのことでした。

なお他2人はひとまず熱も出ていないし、
今調べても判定は出ないだろうということで
いったん風邪の扱いになったそうです。
きなこ本人も予防接種は2回受けていたので
そのおかげおかげもあってか症状はさほど
ひどくはない様子だったものの、
次の水曜日までは登園できなくなりました。

そしてその夕方、今度は僕自身に異変が。
明らかに寒気です。
帰ってから熱を測ると37.6℃。微熱です。
インフル特有の高熱ではないものの、
これまた予防接種は受けていたから
そのせいで症状が弱という可能性もあり、
いったん翌日まで様子を見ることに。

何しろこれで僕もインフルとなったら
翌週の出勤は絶望的です。
そして、今の仕事を代われる人間は
会社には一人もいません。
金曜の退社の際は最悪の事態も想定して
いろいろ準備を整えてきましたが、
それでも仕事に支障は確実に出ます。
さらに今の身分は業務委託。
「仕事に支障を来さない限り」において
自己裁量で働ける身ですが、逆を言えば
仕事に穴が空けば責任は自分自身にあり、
最悪の場合契約不履行にもなりかねません。

結局明けて土曜日、朝には熱は下がったものの
11時頃から再び発熱、37℃台ではありつつも
診察時間のリミットが迫っていたので
飛び込みで受診して検査をしてもらいました。

結果は陰性、セーフでした。
たまたま同じタイミングで風邪を引いただけ。
ひとまず安心はしましたが
その後結局熱は38.4℃まで上がり、
何年かぶりのひどい風邪に悩まされて
この週末は過ぎていきました。日曜夜になり
明日からの仕事を前に治まってきた辺りは、
どこまでも仕事に最適化された体なんだなぁと
あきれるばかりですが、まあ良かったです。

家族4人のうち1人はインフル、他3人は風邪で、
もう決してうつるわけにはいかないと
あんこを除く全員が一日中マスクをする生活に
なってしまいました。全員がインフルという
最悪の事態は今のところ避けられていますが、
まだまだわからないので本当の意味での
「家族みんなが健康」の状態になるまで
決して気を抜かず、このままマスク生活は
続けていくことになると思います。

それにしても、一歩間違えればすぐさま生活が
立ち行かなくなる、本当に綱渡りの毎日を
送っていることを、つくづく実感させられた
今回の出来事でした。
これで「惑うな」っていう方が無理だよなぁ…