シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

首座るプレゼント

ここ数日のバタバタですっかりスルーして
しまっていましたが、木曜にはあんこの
4ヶ月健診がありました。
朝からの受付だったので、午前休をとって
きなこを幼稚園に送っていったその足で
3人で会場の保健相談所へ向かいました。

4ヶ月健診のメインは「首が座ったかどうか」
といっても過言ではなく(僕らの中で)、
何しろきなこの時はまだ座っていないことを
担当の小児科医に「何この子まだなの!?」
みたいな言い方をされて大層イヤな思いを
したことがあったので、今回はそれまでに
座るかどうかが重要ポイントだったのでした。

ちなみにこの意味不明なタイトルは、
「クリスマスまでに首が座るといいな」という
願いを込めて昨年末から温めていたのですが、
使うこともなくあっさり年は越してしまい、
実に健診の数日前になって初めて「寝姿勢から
腕を持ち上げても首がついてくる」という
状態になってくれたのでした。
その辺、もしかしたらあんこ自身も
我々に気を遣ったのかもしれません。

なおそれ以外は、前回大変だった「BCG」の
生ワクチンも別途小児科での接種に変更になり
やることは診察と計測くらいだったので、
さすがにそこは1回経験している立場の余裕。
そしてそんな我々の落ち着きっぷりのせいか
あんこ本人も至って平静で泣くこともなく。
全て何も問題なしで無事終了となりました。
また計測の結果も一切異常なく標準的、
首座りも晴れて先生のお墨付き。

終了後はここ最近大変だったこともあって、
寝てしまったあんこを抱っこしたまま
その足で近くの喫茶店に寄って
しばらくリフレッシュする機会も得ました。
2人でちょっといいコーヒーを飲みながら
ダラダラおしゃべりをするなんて、本当に
ここしばらくなかったことでした。

それにしても、あんこはここまで
トラブルらしい大きなトラブルもなく、
成長も発達も実に標準的で、まあ細かく見れば
ウンチが出にくかったり、夜たくさん寝る分
昼間は寝られずに1日グズグズしたりと
いろいろあるにはあるのですが、
全体的にはやっぱりすごく順調だと思います。

我々はついつい基準を上の方に設定して
しまいがちですが、順調ということは
実はそれだけで十分にすごいことなのだと
いうことを、忘れずにいたいと思います。

ただだからといって、「2人目は楽でしょ?
などという安易な言説にはこれからも
全力で異を唱えていくつもりです。
そこは保健相談所のスタッフさんにも
「どうですか?赤ちゃんは」と訊かれたので、
そんなことより上の子が大変なんです!
2人同時育児が大変なんです!という話を
「せめてグチぐらい聞いてくれ」という思いで
しゃべって帰ってきました。