読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

長い長い7月

日記(次女誕生まで)

が終わりました。
この1ヶ月は、暑さもさることながら
きなこの「不安定さ」が際だっていて、
とにかくちょっとしたことで即ギレすることが
非常に多くなり、我々もまたストレスフルで
ものすごく長く感じた1ヶ月間でした。

気に入らないことがあると癇癪のようになって
大声で叫んで怒ることがとても多く、その間
本人も感情を抑えられない様子でしばらく
何を言っても無意味な時間が続きます。
それがまた19日から夏休みで家にいるので、
長時間相手をするヨメは本当に大変です。

加えてここまで暑いと外で遊ばせるのも
まず無理だし、お店などに連れ出すのも
一日中というわけにもいかないので、
都合どうしても家にいる時間が長くなり
それもまた本人的にはストレスなのかも
しれません。

今日も今日で午前中スーパーに連れて行って、
汗だくになって帰ってきて、
午後はもう家で涼しく過ごしていましたが、
途中で「どっか連れてけ」と怒り出しました。
いつものように大声を出して暴れ
僕の胸を強く叩いたりしましたが、
もうこうなっているときは感情が先に立って
しまっていて何を言ってもしょうがないので、
とにかく収まるのを待つしかありません。

その後落ち着き、さらにずいぶん経ってから
「パパ叩いてごめんね」と言ってきました。
きっと本人も、気持ちのコントロールが
できなくて苦しんでいる時期なんだろうなと
思います。
普段はかなり言葉で説明ができるようになり、
コミュニケーションもスムーズにとれるように
なっては来ていますが、やっぱりまだまだ
感情が先に立ってしまえば言葉は出なくなるし
その辺のもどかしさが、本人の中に
見え隠れしているような気がします。

一方で、できることももの凄く増えているし、
本人の中でも「できる=カッコいい」という
感覚が芽生えているようで、
その辺を上手くくすぐってあげると
今まで手こずっていたいろんなことが
滞らずに進むことも増えてきました。

歯磨きやお風呂は、どっちが先に終わるか
どっちが先にお風呂につくかパパと競争!
という形にして盛り上げて乗り切り、
着替えや食事は休みの頭に幼稚園からもらった
「夏休みのお約束」という、
できたら印をつけるシートを最大限活用して
「できたらハンコ押せるよ!」という形で
精一杯盛り立てることで幾らかスピーディーに
済ませられるようになりました。

そんな感じで、いろいろと過渡期なのかなぁと
感じる時期ではありますが、
第2子の誕生を間近に控え、「上の子」として
ますます気を配りつつ対応していこうと思う
今日この頃なのでした。

そして早く夏が終わって欲しい…