読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

入園1ヶ月での変化いろいろ

日記(次女誕生まで)

きなこの幼稚園入園から1ヶ月が過ぎました。

先週は、木曜日こそ連休明けだったせいか
朝からかなり不満を漏らしていましたが、
2日後の土曜日に僕が送って行った時には
全く滞ることなくさっさと着替えを済ませ、
自転車に乗り込み、一切躊躇することもなく
門から教室まで入っていきました。

ただ相変わらず自転車通園だけは
本人の中で譲れないものがあるようで、
この日もうっかり徒歩で迎えに行ったら
自転車がないなら抱っこしろと言われ
結局そのまま家まで担がされましたが。

5月に入ってからは初めての遠足もあり、
給食もお弁当も本格的に始まって
午後までの長丁場になりましたが、
本人なりに何とかこなしているようです。
この1ヶ月間、途中にはかなり厄介な風邪に
見舞われて何日も休むことになったり、
連休もあって中々リズムが作れない状態では
あったものの、何とかここまで来てくれて
ようやく少しホッとしています。

そして実はそれ以外にも、幼稚園にいくことが
きっかけになったと思われる、いろいろな
変化が本人の中で起こっています。

■トイレをマスターした
入園前には全くできなかったトイレが、
幼稚園での訓練によってわずか5日で初成功し、
さらにその後メキメキと上達して
今や大も小も難なくこなすようになりました。
朝起きた時は流石にオムツに出てしまって
いることも多いですが、そのことをちょっと
悔しがるくらいにまでなっています。
慎重派の彼女のことなのでオムツが完全に
外れるまではまだかかるかもしれませんが、
外出中でもちゃんと「行きたい」と言える
ようになっているので、大変助かります。

■ほかの子と絡むようになった
これまで、公園に行って同じくらいの年の子が
遊んでいても、バラバラに遊んでいる感じで
「一緒になって遊ぶ」ということは
あまりなかったのが、最近はむしろ積極的に
声をかけたり、一緒になって走ったり、
手を繋いで遊具に導いて行ったりと、
とにかく他の子とよく絡むようになりました。
それがよほど楽しいのか、一度公園に行くと
どこかで切り上げて帰らせるのが
却って大変になったりしていますが、
これも幼稚園で同年代の子たちと一緒に
過ごすことでの変化なのかなと思います。

■昼寝をしなくなった
実は我々にとって一番大きな変化がこれで、
もうすっかり昼寝がなくなってしまいました。
幼稚園に行った日にテンションが下がらず
寝ないというパターンはわかるのですが、
休みの日も同じように午後になっても元気に
遊び続けて、その代わり夜は少し早く寝る、
という生活リズムになりました。
これが実は非常につらいことになっていて、
今までなら午後のこの時間が我々にとっても
何よりの休憩時間だったわけですが、
それがないと本当に朝から晩まで
休みなしで相手をし続けることになるのです。

特にこの連休中、連日に渡る長時間労働は
すっかり僕の心と体を打ちのめしました。
期間中ヨメの風邪がずっと続いていたので
極力きなこを引き受けようと頑張ってしまい、
生涯で最も長く苦しいゴールデンウィーク
今やっと戦い抜いた、くらいの気分です。

改めて、会社というのは子どもの相手をする
大変さから「逃げていける」場所なのだなぁと
実感するとともに、平常営業に戻った今
休みの日はきっちりその大変さを引き受けて、
ヨメにも肩の荷をおろしてもらわねばと
思うのでありました。