読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

トラブルは止むことを知らず

始業式も無事済ませ、さらに翌日には
幼稚園の延長保育で17時まで過ごすことも
何とか乗り切った、明けて金曜日のこと。
きなこが朝から様子がおかしい。
またもや風邪で発熱です。

さすがに想定していなかったので、
仕事もそれに対する備えが全くできておらず
休むわけにもいかない状況。
結局幼稚園を休ませて、産後8日目のヨメに
2人まとめて面倒を見てもらうという
暴挙に出ることになってしまいました。

すぐさま「詰む…」の2文字が頭をよぎり
ましたが、事態はそれだけでは収まらず。
その決定をした直後、自分自身の体に違和感。
しかもこの症状には何だか見覚えがある。
どうやら、先週末にきなこが引いた風邪を
今さらもらってしまったようでした。
しかし繰り返すように、休めない状況。
結局「仕事が片づいたら帰る!」と言い残し、
そのまま出社、行きの電車でいよいよ
吐きそうになるも、大人の忍耐力で我慢。
何だかんだで15時まで働いて帰りました。

そんなことがあった翌日、
今日は退院後初めての休日。
未明にあんこが寝ないという事態により
しばらく抱っこを代わったこともあって、
もう朝は目が覚めるまで泥のように寝ました。
その後も熱は下がっていたものの
吐き気は残ったままだったし、加えて
月曜に家で仕事をした時に痛めた背中が
相変わらず治らないままだったので、
とにかく今日は一日ダラダラと、必要なこと
以外はしないで過ごすことを心がけました。

きなこの時、退院後初めての休日
足りないものを買いにかけずり回って
結果ヘトヘトに疲れていたことを思うと、
休める分だけやはり相当余裕があります。
足りないものも特にないし、あっても
積極的にネットスーパー等を利用して
極力自分たち自身が動かないで済むような
工夫ができるようになりました。

沐浴にしてもおむつ替えにしても、
ちょっと記憶を呼び戻す時間さえあれば
難なくこなせるし、逆に前回はよっぽど
おっかなびっくりやってたんだろうなぁと
今になっては思います。
今後も吐き戻しやら脂漏性湿疹やら
いろいろ出てくるんでしょうが、それでも
「一回やったことがある」というのは
本当に精神的には強みです。

トラブルや緊急事態の数自体は同じでも、
その内容はこちらの経験不足・知識不足から
起こっているものは減っていて、逆に
不可抗力的なものが増えている気がします。
あとは、恐らくは年齢からくる体力不足。
今回風邪をうつされたのも疲れの蓄積が
抵抗力を上回ってしまったんだと思うので、
再び「倒れたら詰む」の心得を思い出し
休める時に休みながら乗り切っていきたいと
思います。

f:id:temackee:20150905215625j:plain