読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

幼稚園をはしご

今日は幼稚園に2箇所続けて行ってきました。

1つめは家から一番近い幼稚園、実はここが
今度入園を申し込むつもりの園なのですが、
今日は運動会が行われる日でした。
「未就園児」向けの競技もあるということで
見学も兼ねて皆で見に行ってみたのでした。

きなこは今日の予定を聞かせた日から
もうすっかり盛り上がってしまって、
朝から「運動会!幼稚園!」と喜び勇んで
向かったのですが、どうやら
「幼稚園に行く=そこの遊具で遊べる」と
思っていたらしく、今日は運動会のため
全てにシートが掛けられているのを知ると
あからさまに不機嫌になってしまいました。

それでも見学の親御さん達でごった返す中を、
園舎の行ける所まで探検しに連れて行ったり
同じく親御さんで全く見えないグラウンドを
肩車で見せてあげたりご機嫌を取りながら、
無事未就園児向けの「かけっこ」(とっても
ほんの10mほどを親と一緒に走るだけ)に
出場を果たして帰ってきたのでした。

きなこも園児たちが玉入れをする様を見ては
「ボールで遊びたい!」と言ったり、
順番待ちの間も「早く中に行きたい!」と
全力で参加する意欲を見せてはいましたが、
正直あと半年後にあんなふうに集団行動が
できるとはとても思えない傍若無人ぶりで、
もし入園できたとしたら先生方に
「苦労かけます…」と声をかけたい思いです。

さらにその後別のもう一園、そちらでは
「入園説明会」が開かれていたので、
運動会後のその足で向かいました(一人で)。
実はこちらは事前にヨメが見学に行った結果
もう申し込みしないことに決めていた園で、
なので完全に興味本位で話を聞きにいった
だけになってしまいました。

そういう立場なので周りの真剣に検討しに
きている親御さん達に申し訳なくもあり
黙って内容だけ聞いて帰ってきましたが、
まあ実際「自分達とは馬が合いそうにないな」
ということを改めて実感しただけでした。
上と同じ理由であまり悪くも書けませんが、
その園はお受験に興味があるような人が
行かせるような園だそうなので、
「まあ頑張ってください」としか…。

子どもにより多くのスキルを身に着けさせ
ようとするならば、果たしてそれが本当に
「子どもの為」なのか、それとも
「自分の為」なのか。その点を自分自身と
しっかり向き合って考えなきゃいけないし、
それができないうちは、まだ自らの意思で
物事を決定できない子どもに
何かを背負わせるのはあまりに危険だし
酷な話だと僕は考えます。