読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

ヘルメット問題とシャンプー問題

日記(次女誕生まで)

ここ10日ほど、きなこに関して同時に2つの
似たような問題を抱えています。

一つは「ヘルメット問題」。
今に限らず、土曜の午前中といえば
たいていきなこを自転車に乗せてどこかに
連れて行くのが定番になっているのですが、
その際にかぶらせるヘルメットのアゴ紐を
ある時きなこの首の肉を挟んで留めて
しまったことがあったらしく、以来怖がって
ヘルメットをかぶってくれなくなって
しまいました。

成長に伴ってアゴ紐が短くなっていたのに
気づかずそのまま使っていたことも、
きちんと挟まらないようなケアをしないで
留めてしまったのも完全に僕のせいですが、
「紐を長くしたからもう大丈夫だよ〜」
「留める所に布をあてたから挟まらないよ〜」
「じゃあもうアゴ紐は留めなくていいから、
 頭に乗せるだけ乗せてみようか〜」
と、いろいろ対処しようと言って聞かせようと
一切聞く耳を持ちません。

結局せめてお腹に抱える形で持ってもらって
出かけることがここ2回ほど続いています。
ヘルメットは努力義務とはいえ気が引けるし、
やっぱり何かあった時のことを考えると
できればかぶっていて欲しいのですが、
ここまで拒否されるとどうにもなりません。

そしてもう一つが「シャンプー問題」。
これも同じ頃、最近きなこがハマっている
「シャンプーの泡でせっけんの膜を作る」を
いつまでたってもやめようとしないので、
「もう終わり〜!」と半ば強制的に流したら
抵抗したきなこの鼻にお湯が入ってしまい、
大泣きさせてしまったことがありました。

しかもその次のシャンプーの時、
前回の経験からお湯をかぶるのを渋るきなこに
「じゃあ下を向いて、鼻をつまんでみようか」
とにわか仕込みの方法をアドバイスしたら、
慣れないことをしたせいで却ってうまく行かず
まさかの2連続で鼻にお湯が入る最悪の事態。

この問題もその後、新しいおもちゃで誘ったり
これまで一切使う必要がなかった
シャンプーハットも新しく調達して、
これを使えば顔が濡れないことを懇切丁寧に
(僕自身が実演しながら)説明してみたり、
キャラもののシャンプーに替えてみたり
あれこれ手を尽くしたものの効果はなく、
結局今日まで基本はシャンプーを使わず
洗髪はお湯を含ませたタオルを使って
流すだけで済ます状態が続いています。

この件も完全に僕の過失ですし、
少し前にあったお風呂完全拒否よりは
まだお風呂には素直に行ってくれるぶんだけ
(たまに20分くらいかかる時もあるけど)
ましではあるのですが、
先日さすがに匂いが気になったので
ちょっと強硬的にやってみたら、泣きながら
今やすっかり達者になった喋り方で
「やめて!お願い!鼻が痛くなっちゃうよ!」
と訴えられてしまい、為すすべを失いました。

期せずして二つとも、きなこの「恐怖心」と
向き合うことになった事例。
今のところ解決策は見いだせていませんが、
きっと本人もつらいと思うので
何とか気持ちに寄り添いながら、気長に怖さを
解きほぐしてあげられればと思っています。