読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

幼稚園見学

日記(次女誕生まで)

ここの所、若干聞き分けの良くなっていた
きなこですが、昨日今日はまたちょっと
元に戻ってしまった感じです。
今日は、お風呂に入るまでは良かったものの
最後の上がる段になって徹底拒否が始まり、
結局そこから15分ほど粘られたあげく
ヨメの助け舟(新しいおもちゃ)によって
やっと出る、という一幕がありました。
まだまだ3歩進んで2歩戻る状態です。

そんなヨメときなこは今週、初めての
幼稚園見学に行ってきました。
もう来年の4月には幼稚園(3年制)に
行く時期になるので、そろそろ活動開始です。
本来はもっと早くから始めておくべきだとは
思いつつ、2人とも何だか気が重いというか、
調べれば調べるほどイヤになる事が続いて
結局ギリギリになってしまいました。

そもそも「幼稚園」というものの考え方自体が
個人的にあまり合わないのかもしれませんが、
「教育機関」っていうその「教育」の部分の
考え方が狭すぎて、正直どこの園を見ても
大体どこも同じように見えてしまいます。
大体どこも同じように「ウマが合わなそう」。
私立なんて好きなだけ個性を出していけば
いいのにと思うのですが、そいういうものでも
ないのでしょうか。

そんなわけで、あまりの選択肢のなさに
がっかりしつつ、とはいえ今の我々の
置かれた状況では他に選択の余地もないし、
ヨメのことを考えると1日も早くどこかに
通ってもらわないことにはしょうがないし。
だったらということで、「近くの園」に絞って
入園に向けて動くことにしたのでした。

さて、当の幼稚園見学。残念ながら平日につき
あとでヨメから話だけ聞きましたが、
本当に「見るだけ」だったそうです。
詳しい話は別途説明会で聞けると思われます。
きなこは園庭に繰り出したがったり
帰るのを嫌がったりと、案の定それなりに
大変だったようですが、ある意味いつも通りに
のびのびと楽しんできたようで、
実際通園することになったら彼女なりに
幼稚園ライフを堪能するのでしょう。

もう1ヶ所、同じく近くの別の園でも
見学を受け付けているので、また2人で
心折れることなく行ってきてもらえればと
思っています。