読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

「子どものいる生活」は腰に優しくない

今朝、ヨメがぎっくり腰になりました。
朝食後にお風呂を掃除していた時のこと、
中腰姿勢でギックリいってしまったらしく
人生初の体験だそうです。

運良く土曜日だったので、午前中のうちに
整形外科に行ってもらうべく
タクシーを手配しました。
平常時なら徒歩10分で行ける距離ですが
本人がとても歩ける状態ではなかったので。

しかしながら、
今日も朝からイヤイヤ全開だったきなこが
予定していなかったヨメの一人外出を許さず、
結局急遽3人でタクシーに乗ることに。
一転してめったに乗れないタクシー&
初めて行く病院&薬局に大層ご機嫌のきなこと
ヨメの「付き添い」をして帰ってきました。

そして今日一日、ヨメの体を気遣いながら
普段2人で分担している作業も引き受けつつ
過ごしてみて感じたのですが、
子どものいる生活というのは思った以上に
腰に優しくないですね。
もちろん子ども自身(現在約13kg)を
抱き上げたりすることもそうだし、
子どもに靴下を履かせるのも
子どもが床に散らかしたおもちゃを拾うのも
とにかくあらゆる物が下の方にあるので、
どうしたってかがむ姿勢が多くなるのです。
ウチの母親(同じくギックリ経験者)からも、
「子どもがいたらしょうがないよね〜」という
メッセージをもらったし、子育て中というのは
とかく「やってしまう」リスクが高いのだなぁ
と思いました。

まずは少しでも早い回復を祈るとともに、
今度は自分までもがピキッと行ってしまって
2人とも動けない、みたいな
目も当てられない事態にならぬよう、
腰をいたわりながら生活したいと思います。

それにしても今回、リビングで遊んでいながら
かすかに聞こえたヨメの奇声にいち早く気づき
(僕は外から何か聞こえたくらいに思ってた)
一人素早く様子を見に行き、戻ってくるなり
「ママが困ってる!」と教えてくれるという、
災害救助犬ばりの活躍をしてくれたきなこには
心から感謝状を贈りたい気持ちです。
ありがとう。朝はベランダのプランターの土に
顔を突っ込もうとしてたのを無理矢理止めて
泣かしてしまってごめんなさい。