読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

時制の概念

少し前に、きなこにはまだ「所有する」という
感覚がないらしい、という話を書きましたが、
今やすっかり「オマエのものはオレのもの」に
なりつつあります。
今日も「全部私のもの!誰にも渡さないよ!」
と、どこで覚えたのかずいぶん達者な表現で
お風呂のおもちゃについての所有権を
主張していました。
おそらく出どころは、最近いつも見ている
「ディズニーJr」というCSのチャンネルの
『ジェイクとネバーランドの海賊たち』とか
その辺りでしょう。(とても面白い番組です)

そして最近は、僕が出勤する時は毎朝のように
「ダメ!待って!行かないで!ストップ!」と
ひたすら出かけることに不満を訴えてくるし
本気で泣いてしまうこともあったりするので、
常にヨメにはそんな幼児を残していくことを
申し訳なく思いながら家を出る毎日ですが、
その分仕事が終わって帰ってくると
きなこもたいそうご機嫌で、高いテンションで
今日あった出来事を話してくれたりします。

といってもまだまだ言葉も明瞭ではないし
正直言ってることの8割がた聞き取れてない、
というこなどもよくある話なのですが、
少なくとも「過去の話をしているらしい」
というのはわかります。
つまり、「過去の体験を過去のものとして
振り返って人に話す」ということについては
どうやら出来ているように見受けられます。

以前何かの本でだったか、
「過去や未来という概念を認識するのは
ある程度脳が発達してから」というような話を
読んだ記憶がぼんやりとあったので、
そういう概念を理解できるくらいには成長した
ということなのかな?と捉えていますが、
でもその前に「未来」の概念に関しては
「明日は公園に行こうね」というような
「予定」に関する話を、もうずいぶん前には
理解できていたような気もするので、
何かで読んだという自分の記憶自体が
相当あやしいです。

とりあえず今日も、明日からは3連休で
ずっと家にいるよということを話したら
ずいぶん喜んでくれて、明日は2人で
お散歩に行こうねという約束をしました。
果たしてその「未来に予定されていること」を
どこまで理解しているのかはあまりよく
わかりませんが、とにかく明日は玄関先で
出ていかないように腕を引っ張られる、
ということはなくて済むのでよかったです。