シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

何でもやりたい期

いよいよもって、イヤイヤ期によるダメージが
我々をむしばみ始めています。
というかまあ主に僕の方なんですが、ここの所
仕事でも、極端な気候にもダメージを受けて
すっかりブログを更新する元気すらも
失っておりました。

そんな中最近のきなこは、
拒絶語ラッシュは相変わらずなものの、加えて
何かといえば「○○ちゃんがやる!」と
言うようになってきました。

とにかく我々がやっていることを
まねしてやってみたくて仕方ないようで、
爪を切りたい、米を研ぎたい、卵を割りたい、
猫にエサをあげたい、家の扉の鍵を締めたい、
プランターには水を、ご飯にはふりかけを、
納豆にはカラシを、うどんには唐辛子を…と
何でもかんでもやってみたがります。

当然どれもやったことのないことばかりで
いきなり上手にはできないので、
こちらが手を添えてあげておっかなびっくり
やるわけですが、それこそ爪切りなんかは
練習台として僕の手を差し出しましたので、
いつ指先をザックリ行かれるかと
たいそう肝を冷やす思いをしました。

それでもこうやって好奇心を持って、
あれこれチャレンジしてもらわないと
色々できるようにはなっていかないですから、
当分は骨の折れることばかりですが
時間の許す限りは頑張って付き合ってあげて、
なるべく早く一人でも上手にできるように
なってくれればと願っています。

もっとも良いことも一つだけあって、
どうやらパジャマを自分で着ることに
楽しさを見出したらしく、以前よりは大分早く
パジャマを来てくれるようになりました。
それまでは暑かったこともあって、「裸族」で
どうしようもない時期が続いていましたので
(そのうえ体をボリボリ掻いてしまう)、
自ら「パジャマ着る!」と言ってくれるように
なったことは非常に助かります。