読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

「もと」赤ちゃん

成長記録

この週末は、毎年恒例の暑さ対策として
グリーンカーテン用のヘチマを植えました。
きなこも興味津々で、昨日の土のかき混ぜから
今日の苗の植え付けに水やりまで、終始
ベランダに出て一緒に作業に加わりました。
とはいえ狭いベランダ、1人で作業できてたら
どれだけはかどったか…という程でしたが、
土いじりなんてそうそうできることでもないし
いい経験をさせてあげられたと思います。

さて、最近きなこが「赤ちゃんだっこ」を
度々せがむようになりました。
たまたま何かのきっかけで、ヨメが冗談っぽく
「ほーら赤ちゃん〜!」とやってあげたのが
本人的にそうとう面白かったらしく、
やってあげると大層喜びます。

そこで気づいたのが、その「赤ちゃん扱い」が
冗談として通用するくらい、もはやきなこに
「赤ちゃんっぽさ」は感じないということ。
もう見た目的にも完全に、「子ども」です。
いつくらいからそんな印象になったかは
はっきり憶えていませんが、いつの間にやら
彼女の赤ちゃん時代は終わっていたようです。

考えてみれば、中身についても今日のように、
泥で汚れた手を水で洗ってタオルで拭くまで
自分でできるようになっているし、
パジャマのボタンもたどたどしいながら
自力で留められるようになってきているし、
少し前には「スープをスプーンですくって
こぼさずに口まで運ぶ」という、およそ
関節の動きとしては相当高度と思われることも
難なくこなせるようになってしまいました。

実際、そんなふうに色々と自分でできることが
増えてきて、徐々に手がかからなくなって
きているなあというのも実感としてあります。
イヤイヤで困ったこともたくさんありますが、
それと同時に楽にもなってきているんだな、と
ふとしたことで気づいたのでした。

この調子でどんどんできることを増やして
手離れしていってくれるように、これからも
最初のうちは何かと手間がかかるものの
彼女の体験値UPにつき合ってあげたいと
思います。

↑記録写真をとっていたら、真似して
マイカメラで撮影しまくるきなこ。