読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

マイカメラ

2週間ほど前から、
きなこがカメラを覚えました。

もともとは、最近部屋においていた
デジカメにちょっかいを出し始めて、
正直壊されたくないので
代わりに僕が昔使っていた
古いデジカメを渡していたのですが、
すっかりそれにはまってしまったのでした。

とはいえ2歳児にはデジカメの操作は
ちょっと難しい。
一応シャッターのおろし方は
何となく覚えてみたものの、
レンズを指でふさいでしまったり、
自分に向けてフラッシュをたいてしまったり
なかなか「撮影」はハードル高めでした。

そんな中、きなこが覚えたのが
「写真を撮ってもらうこと」。
ある日突然、カメラを渡してきたと思ったら
変顔を連発してきたのですが、実はこれが
「私を撮って!」という意味でした。
僕らに写真を撮らせて、撮れた自分の姿を
モニターで確認するのが楽しいらしく、
変顔だけでなくポーズだったり、動作だったり
とにかくいろいろやってくるのです。
以来毎日のように本人が「撮られたい姿」を
あれこれ考えてはそれを写真に撮ってあげる、
ということが続いてきました。

それが、今から3日前のこと。
この日もいつものようにカメラの電源を入れて
持ち歩いていたきなこを
何かの用事でひょいと抱き上げたところ、
持っていたカメラを落としてしまい、
また古いカメラなのでレンズが前に突き出す
タイプだったそちらの側が床に落ちてしまい、
レンズが吹き飛ぶほどに壊れてしまいました。

それまで大ハマりしていたカメラ。
きなこの心中を思うとこちらも心が痛みます。
一応次の日ストラップだけになった姿を見せて
「無くなっちゃったんだよ」と説明しましたが
「さがそーね!」と元気よく言われて
なおのこと申し訳ない気持ちに。
結局、シンプルで安価なデジカメを
急遽買い直すことになりました。
最初はおもちゃのデジカメも検討したのですが
無駄に大きかったり、不必要なミニゲーム
付いていたりしてイマイチだったので避け、
ネットで見つけた「Play Camera」という
独特な形だけれど良さそうなものにしました。

今日の昼寝の間に届いて、起きてきたきなこが
早速それを発見し、「カメラだよ」と言うと
「あったねー!」とこれまた元気よく。
この3日間、そんなに言っては来ませんでしたが
もしかしたら我慢していたのかもしれません。
さっそく今日、心ゆくまで写真を撮り、
また写真を撮られておりました。
今度は壊さないように気をつけながら、
楽しく使っていければと思います。

Play Camera イエローPlay Camera イエロー
()
マップエレクトロニクス

商品詳細を見る