読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

一時預かり 6回目

6回目の一時預かりは、気づけば前回から
実に半年ぶりのことになります。
何となく機会を失っていたり、
申し込もうと思って行ったら既に枠が
埋まってしまっていたりで、結局ここまで
間が空いてしまいました。

今回ももちろん我々のリフレッシュが
主な目的なのですが、これまで毎回のように
行っていた映画も特に予定に入れず、本当に
ただのんびりと過ごすことになりました。

そしてきなこに対しては、前回の時にやった
「2人で連れて行くと感づかれるので
 ヨメが一人で連れて行って帰ってくる」
というだまし討ちのようなことはやめて、
事前に「今日は皆でぴよぴよ(施設の名前)に
行くからね。」と伝えておきました。
もうこちらの言うことは大概理解できるように
なってきているし、最近どこかに出かける時は
前の晩などに知らせておくことが習慣になって
いるので、それに習うことにしたのでした。

対して本人は「行こう!」と元気に答えて
いましたので、何となくでしかありませんが
しばらくの間預けられることまで含めて、
全てを理解した上で行く気になってくれた
ように見えました。
それは出発してからも感じたことで、
今日は昨日の雪がたっぷり残っている中
何度も雪に気を取られて立ち止まったり
あらぬ方向に行こうとしていたのですが、
「ぴよぴよ行くよ!」と言うとすぐに反応して
立て直せていたので、よっぽど行くのが楽しみ
という様子に見えたわけです。

実際その後、施設に着いてお別れする時も
6時間後に迎えに行った時も印象は変わらず、
不安な様子も疲れた様子も一切見せず
ただ「楽しかった!」感じだけを受けました。
前回から半年。すっかり大人になったというか
全て理解した上で、その状況を楽しめるまでに
成長した、ということなのかもしれませんね。
さすがにお昼寝が短かったので今日は早めに
寝てしまいましたが、それ以外は一切
帰った後も普段の様子と変わりませんでした。

ちなみに今日はそんな雪のあとの日だったので
施設でもみんなで「雪遊び」をしたそうで、
昨日不完全燃焼で終わらせてしまった分を
プロの保育士さんの指導のもとでたっぷりと
取り返すくらいに堪能してもらえたのが、
何よりよかったことでした。