読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

全力で遊ぶ

まず今日は、1つだけ残念なことが。
先週小児科でやってもらった風疹の抗体検査
どうやら違う種類のものを
間違って受けてしまったようです。

そもそも「2種類ある」ということ自体
今日初めて知ったのですが、
要するに一度かかるとずっと高いままになる
タイプの抗体を調べる検査(IgG抗体)と、
実際に風疹にかかった後に一時的に高くなる
抗体を調べる検査(IgM抗体)とがあって、
→参考サイト
僕は前者をお願いしたつもりで
病院側にちゃんと伝わっていなかったのか、
後者の方で検査されてしまったようなのです。

だから先生から「抗体値は高くないから陰性。
風疹にはかかってないですよ。」と説明されて
正直頭の中にたくさん”?”が出ましたが、
その後上のようなことを説明をしてもらって
ようやく勘違いだったことが判明しました。
仕方がないので今日もう一度採血してもらい、
また来週その結果を聞きに行くことに…。

さて、そんなガッカリの後でしたが
今日は家族全員で子育て支援センター
遊びに行って来ました。
この間一時預かりをお願いしたその施設、
きなこの中で相当良くない記憶になってるのか
それまでご機嫌で階段を登っていたのに
入り口まで来た所でピタッと固まりました。
今日はきなこを残して帰っちゃうんじゃなく
僕らも一緒にいるんだよーということが
わかってくるまで、その後遊び始めても
しばらくは若干不安げな様子でしたね。

でもその不安が解けてからは、
僕の手を引いてあちこちぐるぐる歩き回りの
おもちゃで遊びまくりで大はしゃぎ。
他のお友達との交流もできたりして、今日は
全力で楽しんでもらえたのではと思います。

僕ら自身も、まだきなこがあまり動き回ったり
おもちゃで遊んだりできない頃には、
連れて行っても手持ち無沙汰で
若干の居心地の悪さを感じていたものでした。
それがあれだけ本人が楽しんでもらえていれば
僕らは彼女について行くだけでいいので、
随分楽に過ごせるようになった気がします。
時々起こる子ども同士の接触の時に
きちんとした対応が(主にあちらの
親御さんに対して)取れてさえいれば、
居づらいということはないかなと思います。

そういえば今日は1歳前くらいの男の子に
やたら懐かれて、抱きついてきたりしたので
「見ず知らずの子にこんな好かれちゃって…」
とちょっと喜んでいたら、その子は後で
別のお父さんにも同じようにしていたので
要するに誰でもそうする子のようです。
調子に乗ってた自分が恥ずかしい…