シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

靴を買いに

今日は毎度おなじみアカチャンホンポ
お買い物に行きました。
目的は春夏ものの服を調達することと、
ファーストシューズを探しに行くこと。

以前に一度だけ立ったのはたまたまだったのか
それ以来すっかり立ち上がる素振りすら
見せてくれなくなってしまっていましたが、
それでも最近ひざ立ちは盛んにするし
つかまり歩きもかなり楽々やっているので、
きっと遅かれ早かれ立つものと思われます。
となると、靴もいよいよ準備しておかねば
ということになったわけです。

ところが売り場でめぼしいものを見繕って
サイズの確認に本人に履かせてみたところ、
まさかの大泣き。
普段、靴どころか靴下すらほとんど履かない
生活を送っているせいか、その違和感が
耐えられなかったようでした。

これは、まず慣れさせるために家の中で
練習しないと無理でしょう、ということになり
本当にファーストステップの、
靴底の柔らかいタイプのものを用意することに
しました。(検討の結果、ピジョン
「はじめてたっち」に決めました)

これまで何となく、「そういはいっても
まあ大丈夫でしょう」と勝手に思っていたのが
あんなにも拒絶されたので、これはきちんと
対応していかねばならないと実感しています。
なにしろ「歩く」という、人間の行動の
相当重要な部分にあたることを、
靴のせいでキライになられては困ります。
何とか時間をかけてでも靴に慣れてもらって、
いずれは家族みんなで散歩なんかにも
行けるようになりたいものですね。