読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

離乳食イヤイヤ期

成長記録

手づかみ食べを始めてから2週間。
だんだんと軌道に乗って行くにつれて、
今度は逆に「手づかみでないものは食べない」
という状況になってしまいました。

主食系のおにぎりやトースト、お焼きといった
手で食べられるものはモリモリ食べるのですが、
これまでスプーンで口に運んでいた系
(野菜、肉などのおかず系)は
もはやほとんど食べない状態になりつつあります。
しかも無理に口に持っていこうものなら
もう癇癪を起こしたような、今までない感じの
怒り方をするので、この1週間毎食毎食
それと向き合ってきたヨメのストレスが頂点でした。

週末になり、僕が食べさせる役割を代わって
同じように激しくきなこに拒否される姿を
端から見て、ようやく少し冷静になれたそうです。
そしてネットでいろいろと調べてみると、
同じ時期に離乳食を食べなくなるケースは
案外良くあることだというのが判ってきたのでした。

ちょうど1歳を過ぎたくらいの時期から
くだものくらいしか食べなくなったとか、
もうそれすらも食べてくれないとか、
同様の事例がどんどん出てきました。
つまり、「そういう時期に入った」だけなんだと
わかってきて、ヨメの気も随分晴れたようです。
それまでは「自分のやり方が悪いんじゃないか」と
相当思い悩んでいたようですが、
そういう時期というだけであれば不可抗力であって、
対処法などもともと無いわけです。

いつか終わると思って今を乗り切ればいいんだと
思えるようになったので、当面の対策だけを考えて
おにぎりに具を混ぜてしまえばいいんじゃないか
なんていうことをいろいろ案出ししていたのですが、
今日たまたま大人の夕食として作った「豚汁」、
その中に入っている大根なら食べてもらえるという
新たな発見がありました。
大人向けに作ったあとで湯通ししてあるので、
軟らかく煮てあるし若干味噌の味付けが残っているし
手づかみできるし、というのが良かったのか
かなりしっかり食べてもらうことができました。

やり方次第で食べるものがあることが判ったところで
ヨメもだいぶ前向きになれたようで、さっそく
野菜を煮込んだものを試してみるとのことでした。
いつか終わるものとはいえ、やっぱりせっかく
出したものに手をつけてもらえないのは悲しいし、
何とか工夫をして前向きに取り組める範囲で
やっていけたらいいのかなと思います。