シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

絵本を描いた話

昨日の誕生日に公開した、自作のWeb絵本。

描いたのは2008年の冬なので、まだ結婚前の話です。
今も続いている「Be絵本大賞」というのが
新設されたと聞いて、せっかくだから
何か作って応募してみるかと描き始めたのでした。
今見返してみると結構手間をかけて作っていて、
あの頃はよっぽど時間があったんだなぁと
ちょっとうらやましくも懐かしいですね。

最近、きなこの周りに絵本があふれはじめて
身近なものになってきたのをきっかけに思い出して、
じゃあこのまま眠らせておくのももったいないから
掘り起こしてみようかと思い立ったのでした。
でもそのことを思いついたのがつい先週末のこと、
ちょうど公開のタイミングにいいなと思った誕生日は
4日後ということで、かなり急な準備になりました。

何しろ以前と違ってかけられる時間もわずかだし、
流用しようとしていたFlash版の絵本リーダーは
昔自分でプログラムを組んだもののはずなのに、
今見ると全てがちんぷんかんぷん。
しょせん付け焼き刃では身につかないのだなぁと
つくづく実感しながらかろうじて仕上げたのでした。

お話の内容に関しては、一体何に着想を得たのか
これまたまったく覚えていませんが、とにかく
おばけを明るく、ポップに表現しようとしていた
記憶があります。今回、公開にあたって
「きなこに読んで聞かせることもあるかな」という
思いも頭の片隅にはあった訳ですが、
そもそも「おばけ」なんていう概念が
理解できるまであと何年かかるんだという話で、
本当にただ自分がやりたかったからやっただけに
なってしまいました。まあでも、誕生日前の
この1週間はブログも毎日更新してみたりして、
いろいろ頑張った思い出にはなったかなと思います。

130125

 作品を読む(※FLASH版。別ウィンドウが開きます)
 HTML版はこちら