読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

絵本へのリアクションその2

誕生日プレゼントに買ってもらった絵本、
2冊目は五味太郎さん。

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
(1982/08/31)
五味 太郎

商品詳細を見る
個人的に五味さんの絵と色使いがとても好きなので
1冊くらいは欲しいなぁと思ってましたが、
正直言うとどういうものがあるのかよく知らず
本屋に平積みになっていたものをとりあえず
選んでみることに。
きっと相当なベストセラーなんでしょうね。
刷数がすごいことになってました。

前回の本よりちょっぴり対象年齢が上だったので、
この本を「寝る前の儀式」として読み聞かせに
使ってみることにして、毎日寝かしつけの前に
ヒザに乗せて読んでいます。

最近のきなこはおおよそ目に留まったものは
なんだって「クレクレ」言うのですが、
不思議とこれを読んでいる間はとっても静か。
読み終わったあとはめくったりクシャッとしたりで
いつもの感じではあるものの、それまでは
とっても大人しく話を聞いています。
「絵本読むよー」と言って持ってくると
毎回喜んで近づいてくるので、読んでもらうのを
楽しみにしているみたいだし、
何となく内容もわかってるんでしょうかねぇ。

それにしても、このくらいの絵本は
1ページに一言くらいしか文字要素がないので、
あとはアドリブであれこれ添えることになります。
きなこの反応を見ながら毎回違うことを
考えながらしゃべるので、なかなかのライブ感。
これは結構読んであげる方も鍛えられますね。