シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

ベビーカーで都会へ

今日は3人で銀座に行きました。
銀座といえば結婚前、双方の実家の両親を呼んで
顔合わせの食事会をやった思い出の場所。
そしてきなこは0歳で早くも銀座デビューです。
この呼び方、まだ全然慣れません…)

目的は僕とヨメそれぞれの地元(群馬と広島)が
どちらも銀座にアンテナショップを出していて、
特に広島の方は最近新しく出来たばかりなので
様子見ついでに、今度遊びに行く
親戚へのお土産を買いに行ってきたのでした。

2つのお店の中間の位置には、ちょうど松屋があって
「赤ちゃん休憩室」なるものもあるようだったので、
きなこの授乳&おむつ替えに利用させて頂きました。
この「赤ちゃん休憩室」は最近新しくなったらしく
おむつ交換台や授乳室、食事スペースも完備で
水道や電子レンジもあって至れり尽くせりです。
念のためベビーフードも持っていっていたので
授乳前にしっかり2回目の離乳食も食べさせることが
できました。さすがは百貨店ですね。

ちなみにこのベビー用品フロアでは休日とあってか
絵本の読み聞かせイベントも開かれていましたが、
これはきなこにはまだちょっと早すぎたらしく
全く興味を示さなかったので早々に失礼しました。
すいません今度行った時には何か買います…(笑)

それにしても今回も痛感させられたのが、
ベビーカーで電車移動することの煩わしさ。
一応我々も「混んでいたら畳まなければいけない」
というプレッシャーを感じているわけですが、
実際にその電車が混んでるかどうかは
来てみないとわからないので、ホームに入ってから
判断するというのでは確実に慌ててしまいます。
結局無難な各駅停車を選んで乗ったりしました。

さらに困るのが、
地下鉄の全部に地上まで行くエレベーターが
備わっているわけではないこと。
まず「銀座一丁目」の駅では中途半端にも
地下1階のコンコースまでしか行けないし、
都営浅草線の「大門」という駅では
なぜか地上に出るエレベーターに乗るのに
階段で2階分くらい下に降りなきゃいけない。
(要するに大江戸線の改札階まで行けということ)
その度に案内図とにらめっこして、
自分の探しかたが悪いのかと自問自答しながら
結局あきらめて子どもを一旦抱っこして
ベビーカーをたたんで担いで上がることに
なってしまうのです。

もっとも、エレベーター完備といっても
「練馬」の駅のように、大江戸線のホームから
西武池袋線のホームに行くまでに
4本ものエレベーターを乗り継がないといけない、
というようなケースもあるので
面倒臭いことにかわりはないのですが、
もうちょっとその辺何とかならないのかなぁと
文句の一つも言わせて頂きたい気分なわけです。

あと相変わらずのご老人達の図々しさというか
マナーの悪さ。何とかなりませんか…。

文句が一つで済まなくなってきたのでこの辺にして、
基本的にはいろんなところに行けて
とても楽しい一日でした。
きなこもいろんな刺激を受けたようで
夜になってもずっとハイテンション&上機嫌のまま
さっきコロッと寝てしまいました。