シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

大ウンチ

ちょっと前までは1日に3回くらい出ることもあった
赤ちゃんのウンチですが、ここへきて急に
1日1回だったり、下手すると3日に1回だったりと
回数が減ってきました。
おそらくある程度お腹の中にためておけるように
なったんだろうということで、これも成長の証として
喜んでいいのかな?くらいに思っていました。

そして今日。
今朝はポリオの2回目の接種に行く予定だったので
休日だけどきっちり起きて、
出発前に離乳食をあげておければということで
準備に入るヨメに代わって赤ちゃんを抱っこ
しようとしたその時。

プンと臭うものがありました。
見ればおむつの脇あたりにウンチの色が
すこし透けて見えています。
「今日はちゃんと出たねー、替えようね〜」なんて
のんきにおむつを開いたその時。

今まで見たことのない量のウンチ(ヨメ談)が
おむつの中からこぼれんばかりになっているでは
ありませんか。
全く、ヨコモレしなかったのが奇跡のような状況で、
ウンチはおむつの前の端から後ろの端まで
ベットリとくっついていました。
離乳食を初めて以来、おっぱい時代の
サラっとした臭くないウンチではなくて、
かなり大人のそれに近いベトッとした感触と
臭いを持っている代物なのでした。

何とか二人がかりで、手や辺りについたり
しないように気をつけながらお尻を拭いていると、
更にまさかのタイミングでおしっこまで噴射。
結局服とシーツにも被害が広がってしまいました。
おまけに一応見える部分は拭き終わったのに、
相変わらずそれの臭いがまだ全然消えていません。

「やっぱり一度お風呂で流してしまおう」
という話になった時、既に時計を見ると
病院に受診の順番取りに行かないといけない
時間が迫ってしまっていました。
やむなく後はヨメに任せ、僕はひとっ走り病院まで。
5分で戻って来ると、外にまで響く赤ちゃんの声。
急にお風呂で洗われたのが気に障ったのか、
明らかに怒った様子で激しくグズッていました。

とにかく体を拭いて、服を着せて、
その時間の離乳食は諦めて授乳してご機嫌を取り、
診察が始まる時間になったので
病院に行って予防接種を受けてきました。
まさに嵐のような2時間が過ぎ去って、
僕らは二人ともぐったり。
赤ちゃんは例によって注射の時には泣いたけど
帰ってきてからはすっかり元気。
もしかして溜まってたものが出せたから
気分も爽快だったのかも…?

おなかに溜められるようになったのはいいですが、
できればもうちょっと小出しにしてもらえたほうが
我々はうれしいな…と思った出来事でした。
しかしこんな日記、本人が大きくなって読んだら
怒るだろうなぁ。