シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

いたずら

だんだん、赤ちゃんの手癖が悪くなってきました。

テーブルの上のものなど、おおよそ目に留まる
あらゆるものに手を伸ばしては下に落としてみたり、
口に持っていってしゃぶってみたり。
とにかく「好奇心」というものがはっきりと
現れてきている様子です。

そして最近顔を近づけると、必ずされるのが
髪の毛を掴まれるか顔を引っかかれるか。
この間などは、まぶたをザクっとやられて
軽く血が出ました。何しろあの小さな指に
付いている爪なので、鋭いんですよね。

また今日は、
チラシをクシャクシャし始めたと思ったら
けっこうな細かさでビリビリにしてしまいました。
いつの間にこんなに器用に…、という感じです。

そうやって、手をかなり自由に動かせるように
なってきたと同時に、やはりいろんなものに対して
興味を持つようなお年頃になったという
ことなんだろうと思います。

これからどんどん目が離せなくなって行くことには
なるのでしょうが、何より今は
「ようやくこの世界が楽しいことに気づいたんだね」
と成長を喜びたい思いの方が強いので、
本当に危険なものにはしっかり注意をしつつ、
できる限りその好奇心は満たしてあげられたらと
思っています。

さっそくついさっきも、プラスチックのカゴを
ひっくり返したらその勢いで顔にぶつけて
泣いていましたが、そういう痛みも含めて
全てが本人にとっては新しい経験ですからね。

そしてトラブルが起きた時の対処、ということでは
親にとっても全てが経験です。
これからも赤ちゃんコーチには
厳しく鍛えてもらう所存でございます。