シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

心が折れた日

昨日の、お風呂のあとのギャン泣きは
何というかいつも以上に破壊力が強くて、
僕はもうすっかりやられてしまいました。

思い返せば、ちょっと前にはあれくらいの泣き方は
毎日のようにあったんだろうと思うのですが、
このところ「一切泣かない」という日が
何日かあったりしたせいで
ちょっといい気になっていたのかもしれません。

ただあそこまで「何をやっても泣き止まない」
という状況で、そんな時に落ち込んだりしていたら
かえって逆効果になってしまうのはわかっていても、
なかなか切り替えられるものではないですね。
しかもその後ヨメが駆け付けてあやしたら
たちまち泣き止むんですから、立つ瀬がないというか
やっぱり嫌なのは僕のことだったんだ…と
思ってしまわずにはいられません。

特に以前に比べて、赤ちゃん自身に明確な「意思」が
感じられるようになっているからなおのこと、
あそこまではっきりと人から拒絶されるというのは
相手が赤ちゃんだとはいえ、もともと自己評価が
極端に低い人間にとってはやっぱりキツくて、
昨日の夜は自己否定の気持ちが強くなりすぎて
おかしくなりそうでした。

幸いヨメがずっと、ボロ雑巾のようになった僕に
愛想を尽かすことなく我慢してくれていたおかげで、
今日も普通に仕事をしてくることができ、
また諦めずにお風呂の時間に臨もうとしています。
こうやってちょっとずつ、親として鍛えられて
いくのでしょうか…。