シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

母親

昨日病院に行くと、赤ちゃんは食事中でした。
終わってから抱っこをさせてもらったんですが、
急なことにビックリしてしまったのか、
赤ちゃんを大泣きさせてしまいました。
仕方なくヨメにバトンタッチ。
ヨメは落ち着いた様子で、赤ちゃんをあやして
泣き止ませたのでした。

たった3日で、ヨメは母親らしさを見せ始めています。
正直恐れ入ったと同時に、頼もしくも感じました。
こんなふうに女性は母親になっていくんですね。
今までこちらを向いていた眼差しが
出産を境に赤ちゃんの方へ向いていく、
その変化を見逃すことなく
自らの立ち位置を見定めていきたいと思います。

自分には、父親として子どもに関わるという役割も
もちろんありますが、
それ以上に夫として妻をサポートする役割というのは
より大きなものがあるような気がします。
それは、男女平等とか機会均等とかいう前にある、
生き物としての役割分担なのだと思います。

もし、子どもを守ろうとする思いが強すぎて
本人がつらい気持ちになってしまった時は、
振り返った先にいつでもいてあげるようにすること。
出産前から変わらないその役目を、しっかりと
果していきたいです。