読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

親になるということ

いよいよ予定日までの残り日数が1ケタになって、
カウントダウン!という感じになってきました。

親になるということを改めて考えてみると、
それはやはり一言で言って
「バトンタッチ」なんだろうな、と思います。
仮に生まれてから今までが、自分自身が育っていく
期間なのだとすると、まさにそれと同じことを
今度は自分の子どもがスタートさせるわけです。
このタイミングこそが世代交代、と考えるのは
とても自然なことのように思われます。

いつものように、生き物としてはどうかということで
考えてみても、自分の種を未来に残すことというのは
まさしく生きる上での第一命題なのでしょう。
実際、産卵したとたん目的達成!とばかりに
人生の最後を迎える魚のような生き物もいるわけで、
やはりここが一つの大きな区切りと考えて、
決しておかしいことはないと思います。

もちろん、我々は人間なので、これからは
子どもを育てる大きな役割が待っています。
僕自身、人生で一番くらいの醍醐味である子育てを
これから目一杯堪能するつもりでいますが、
そんな哺乳類の僕らにしてもやっぱり「主役交代!」
と言わんばかりの役割の変化は起こるわけです。
それくらい劇的な変化なんだと自覚しておくことで、
実際に自分がそこに直面した時にも
うろたえないで済むかもしれません。

昨日、ヨメはいよいよ初乳が出たということでした。
僕らが親になる準備は、着実に進んでいます。

38週5日
予定日まであと9日