読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

北欧のこと その6

北欧のこと

ecomom[エコマム] スウェーデンから見る日本
  第48回 在宅ママの支援にも目を

以前に続いて、エコマムのコラムからの引用です。
ここで紹介されている保育園の形が、
僕にとって理想的なあり方だなぁと思いました。
昔のように家族みんなで子育てができる時代では
なくなってしまった今、社会全体で子どもを育てる
仕組み作りが必要なんだと思います。

その時に、親が働いているかどうかで
公的な保育サービスを受けられるかどうかが
決まってしまうというのは、
やっぱりあまり良いことではないように思います。
「保護者が働いているなどの何らかの理由によって
保育に欠ける児童を預り保育することを目的とする
通所の施設」
という日本の保育園の定義そのものが、
早く変わってもらえないものでしょうか。

こういう海外での取り組みを見ると、
「いいなぁ…」とばかり思って
ただ日本の現状に嘆きたくなってしまいますが、
それでは少しも状況は良くなって行かない
ようにも思うので、やはり我々が何かしらの形で
声を上げていくのがよいのでしょうね。
難しいことですが、それもこれからの未来を生きる
世代のために必要なことだと思います。