読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

ネコのこと その4

ネコのこと

今こうしてネコと暮らすというのは、ある意味
「子育ての予行演習」のようなものだと思うことが
よくあります。

猫の知能は人間で言えば2歳児程度だそうですが、
もちろん人と違ってそれ以上に発達はしないし、
言って聞かせたところで理解できる訳もありません。
ウチのネコ達も、それぞれいろんな困ったことを
してしまうところがあるけれど、それをいくら
本人達に言ったところで仕方がないのです。
そんなことでイライラしたりするよりは、
「そういうもの」と理解をして、その上でいかに
この同居人たちと仲良く幸せに過ごせるかを
考えた方が、ずっと建設的だし楽しいはず。
これまで長くネコと接してきて、だんだんと
そんなふうに考えられるようになりました。

ネコと暮らしてそういう発想の仕方を養ったことが
これから先、子どもを育てていく上でも
とても役立ってくれるのではと考えています。
子どもだって、言うことは聞かないし
言ったってわからないしで、思い通りにならない
ことばかりなんだろうと思うんですが、
その時にいちいちイライラしないということが、
難しいけどすごく大事なことではと思うからです。
ネコから教わることは他にもたくさんありますが、
こうやってシミュレーションする機会を
与えてくれるというのは本当にありがたいことです。
このことを「経験」と捉えて、もうすぐ始まる
子育て生活に活かしていけたらと思っています。

ちなみにもちろん、子どもを動物扱いするとか
そういう意味ではありません。
個人的にはむしろ、最初は親の手を借りなければ
生きてさえいられない赤ちゃんですが、
できれば最初からきちんと一人の人間として
平等な立場で接して行きたいという気持ちでいます。
(実は人扱いしすぎて、すでに僕の方が
彼女に対して人見知りしてしまわないかと、
心配しているくらいだったりします(笑))