読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

ネコのこと その2

この週末はゆったりしていたので、
久々にがっつり「ネコをネコかわいがり」しました。

特に、最近デレ化したメスのせいか
甘えることを遠慮しがちになってしまっていた、
元々は「超」のつく甘えん坊だったオスの方のネコ。
今日は気が済むまでなでてあげました。
今もひざの上にちょこんと座ってくつろいでます。
ネコというよりは本当に赤ちゃんのよう。
きっと本人も自分がネコだとは思ってないでしょう。

思い返せば一緒に暮らし始めたばかり頃は
いきなり知らないアパートに連れてこられ、
しかもたいして懐いてもいない僕との生活で
よっぽど不安だったのか、
毎晩のように夜泣きをしていたものです。
その後は尿路結石に血尿と立て続けに体調を崩し、
毎週のようにあの恐ろしい動物病院に
連れて行かれる日々。
今やすっかり恐がりになってしまったのも、
あの頃のつらい経験が影響しているかもしれません。

でも持ち前の食い意地&天然っぷりで、
なんだかいつもなごまされてきました。
脚がすらっとして長く、目鼻立ちもかなりの
イケメンなのに、性格は天然キャラ。
人間だったらかなりチヤホヤされそうです。
今でも時々おしっこをトイレからはみ出して
してしまうという粗相をしますが、それも何となく
笑って許せてしまうところがあります。

赤ちゃんがこの家にやってきた時、
実は最も気を使ってあげないといけないのは
この子なんじゃないかと思っています。
すごく優しい子だから、きっと赤ちゃんのことも
すぐに受け入れてくれるだろうけど、その分
本人はとても寂しい思いをしているはずなのです。
そんなことを、今日思いきりノドを鳴らす
彼を見ながら思いました。

次回はツンからデレに大変身した、
メスの方の話を書こうと思います。