読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーホースとナッツ

父親目線で、長女「きなこ」と次女「あんこ」の子育ての記録や思ったことなどを書いていきます。

心構えの話

昨日の話で、ちょっと昔のことを思い出したので
少し長くなるけど書いてみます。

それは7年前、2匹のネコの面倒を僕一人で
見ることになった時のこと。
僕は彼らに一つの宣言をしました。

「多分僕が、君たちの一生を預かることに
なるだろうから、その間はなるべく
元気で楽しく暮らしてもらえるように
ご飯の保証はするし、病気になったら
病院にも連れて行く。
他にもできる限りのことはするつもりだけど、
もし本当にどうしようもないことが起きた時は
この家に来たのが運命だと思って諦めてね。」

室内飼いをすることはもう決まっていたし、
本当に僕一人しか世話をできる人は
いなかった訳だから、
もし自分の身に何かあったらその時点で
彼らのことはどうしようもなかったのです。
明日交通事故で帰って来ないなんてことが
絶対にない、なんて誰も言えないわけですし。
だから、せめて誰かが助けに来てくれるまで
生きていられるくらいの量のフードを、
本気になったら取り出せるような場所に
あえてしまうようにして、
後のことは諦めてもらうようお願いしました。

このことは、これから生まれてくる子どもに
対しても、考え方としては変わっていません。
彼らも誰かの世話がなければ生きて行けないわけ
だから、僕にできる限りのことはやるつもりです。
だけどどんなに頑張ってもやっぱり
どうしようもないということはある、
ってことも認識しておいたほうがいい。
その上で元気に楽しく暮らしてくれたら、なおいい。

あとは実際に赤ちゃんが生まれてきた時に、
目の前のその子に対して同じ考え方になるかどうかは
自分でもわかりません。
そしてもう一つ、あの頃と今とで違うのは
「僕」が「僕ら」になってるってことですよね。
二人いたら、「どうしようもない」ことは
もっとずっと小さくなると思います。

26週5日
予定日まであと93日